2017静岡ホビーショー閉幕

20170515_01.jpg

第56回静岡ホビーショー並びに第28回モデラーズクラブ合同作品展、今年もつつがなく終了。2日の間、どっぷりと模型祭りの空気に浸る全身模型浴を楽しんでまいりました。

20170515_02.jpg

まずは毎年恒例、自衛隊の展示車両。今年はなんと最新鋭の16式機動戦闘車(試作型)が登場。うーんカッチョいい。

20170515_03.jpg

紙模型工廠のブースでは千榛さんのK5E28センチ”レオポルド”列車砲(GPM)がお出迎え! 完成させるだけでも色々と大変そうなキットながらしっかりかっちりした仕上がりはさすが。

20170515_04.jpg

一方、うちの過去作連中の尻。Su-76i(MODELIK)は少し天井の小物にダメージが。TigerP(WAK)は足回りがヘタってたのを補強してきました。こいつは例年通りの触ってもらう用キット。

20170515_07.jpg

それから、厚紙で芯を作って~の構成説明用に持ってきたT-26。今年度こそ公開まで持っていきたいです……

20170515_05.jpg

Tigerの砲身の先に見えたのはドッペルさんのAnders(MODEL-KOM)。左奥には紙中さんの12トンハーフトラック+88ミリFLAK(GPM)も見えてます。

20170515_10.jpg

二日目に少しレイアウトを変えた後で仲良く並ぶ3輌。Anders って、こんなでっかい車輌だったんだ。
写真の左側で光ってるのはなにかと言うと……

20170515_08.jpg

紙中さんのルクス(W.M.C.)の車体下面を見るための鏡。上からみた時点でかなりなクオリティが伝わってきますが、

20170515_09.jpg

普通なら見えなくなる車体下面もこのクオリティ&この難易度。

20170515_06.jpg

紙中さんは今回、Fw-190A-4(Halinski)も展示。どれもさすがのクオリティ。

20170515_11.jpg

ペーパーモデル工廠代表代行、ナオさんの展示はMe262夜戦型(GPM)。かなりの難物だったそうですが、あのオムスビ断面の形状がきれいに表現されています。

20170515_12.jpg

ナオさんはヴェスペ(GPM)も展示。小粒でもオープントップなのでピリリと技能の光る仕上がり。

20170515_13.jpg

まだまだ傑作の数々を紹介し尽してはいないのですが、写真がマズかったりキャプション撮り忘れてたりでとりあえずここまで。
ブースで拙作を見ていただいた方、ありがとうございました。
本年度もまたよろしくお願いいたします。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

RPG-7、完成はしたものの……

今季は本業の方がバタバタしていて細かい作業をやってる時間が取れなかったんですが、ここは一ついままでやったことのないジャンルの基礎技術を習得しようと paper-replika.comさんのRPG-7 を作らせていただきました。

RPG7_1.jpg

ドーン。
後ろの窓が明るすぎて、なんかモッサリした画像になってしまいました。

RPG7_3.jpg

弾頭まで含めて、だいたい長さ120センチぐらい。大柄な艦船ぐらいあります。
この大きさだと机の上に乗らないんで、作業手順を考えないと余計な苦労ばかり増すことに……

RPG7_2.jpg

キットは構成するパーツが多い割に補強が少なく、後で持って遊びたい派の自分としてはとにかく補強、補強、補強の連続。
片っ端から円盤入れて筒が潰れないようにして、平面がたるまないように箱も厚紙で裏打ち。しかし、ヘタに補強入れると表面に補強がうっすら浮かび上がる「肋が浮いた」状態になるので、パーツと同じ大きさに切った紙を二枚内側に入れて3層構造にするなどして回避しました。

RPG7_5.jpg RPG7_4.jpg

細かいディティールはけっこうオミットされているんですが、雰囲気はかなりいいです。照準器のレンズ部分にはOHPシート入れてみました。
リアルサイズなので、飾ってもいいし、持ってみるのも楽しい一品になりました。
Thank you Julius Perdana!

……と、ここまでは良かったのですが、
完成してから気がついたんですが、静岡HS併設のモデラーズクラブ合同作品展は、リアルサイズ銃器は展示が基本NGでした!
はっはっはー、なんで作ってる最中に気づかないんだー

と、いうわけで今年は旧作持って13日、14日に静岡へ行ってまいります。
ペーパーモデル工廠、今年も傑作揃いですので会場へお越しの方は是非ともブースの方も見に来てください!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

本日更新休止のお報せ。

本日本業多忙のため、更新休止させていただきます。
またのお越しを心よりお待ちしております。

なかなか、スパっと通常ペースに戻るってわけにはいかんね……

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

本日更新休止のお報せ。

お陰様で無事納品は終えたのですが、そしたら気が抜けて寝付いてしまったもんで本日更新休止させていただきます。
またのお越しを心よりお待ちしております。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

本日更新休止のお報せ。と、通勤中に見かけたすごい船。

恐れながら今週も引き続き、本業多忙のため更新休止とさせていただきます。
一応、予定では次の週末で納品なんでいよいよゆっくりできる予定。でもなに紹介するかはまだ未定(韻を踏んだ)。

2週連続で「休止します」で話が終わっちゃつまらんので、通勤途中に見かけた船の写真を。

第八十八大栄号

どーん。
大分の「株式会社 ティ-・シ-ジャパン」が保有する「第八十八大栄号」。
でかい! とにかくでかい!
一見、クレーン船のように見えるけど(というか、実際クレーン船ですけど)本業は基礎の杭打ち。排水量3千トン、クレーンの腕(ジブ)は全部伸ばすと70メートル、吊り下げ荷重550トンという海の怪物。旋回式のクレーン部分が戦艦の主砲塔っぽくてこれまた大迫力ですが、よくみると青いクレーン操作室の前に、灰色の階段を登っていく作業員(白いヘルメット着用。前を行く一人は蛍光オレンジのベストを着ている)がいて、その大きさがわかります。
第八十八大栄号は去年の3月に就航したばっかりの新造船で、公式ページも「日本最大級の先進的最新鋭の杭打船」「世界無双の杭打船」と興奮気味。
後ろに写ってるタワーは船の科学館の旧展望レストラン(スマホのパノラマ機能で撮ったんでちょっと歪んじゃいました)。第八十八大栄号は新客船ターミナルの基礎工事のために召喚されたようです。
太っ腹なことに、公式ページでは第八十八大栄号のCADデータを公開しているのでカードモデル化も可能! 杭打船ファンのモデラーなら展開図作成に挑戦してみてはどうでしょう。このトラスのジブを作るだけで悟りが開けそうだ。
さぁ、オモロイもん見た勢いでラストもう一週間頑張ります!

*Jさん(Zさん?)、先日もコメントありがとうございます。
 大変励みになっております。

*3月21日
今日も(通勤ルートだからあたりまえながら)近くを通ったので撮り足してきました。

第八十八大栄号2

せっかくなんて、一段低い位置から。右側に並んでるのが基礎用の杭かな? 中空なのね。

第八十八大栄号3

南極観測船「宗谷」とのツーショット。画面左端の建物は警視庁湾岸署。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード