48版BT、砲身を試作。

11月も多数のアクセスをいただき、ありがとうございます。11月も閲覧数は微増ながらも増加となりました。まぁ、メジャーなホビーを扱っているわけでなし、みのさんが思いっきりテレビで「カードモデルダイエット」でも紹介しない限り、これぐらいの賑わいが適正なのでしょう。

まず、表題の48版BT戦車ですが、前回寸法が合わなかった防盾を調整し、ついでに砲身も試作してみました。写真は35版と一緒に。

20091129_02.jpg

あれ? 写真を見て初めて気づいたけど、ベンチレーター(砲塔天井の換気扇)カバーの接着位置が48版にはないぞ!?
いつ消えたんだろう。心当たりないなぁ。これじゃ乗員が窒息しちゃうんで、後でなおしまーす。
砲身が接着せずにコロンと転がっているのは、その下の駐退機カバーをまだ組んでいないから。さっきちょっと組んでみたら一枚、どう考えても不要な面が展開図に含まれており、それのせいで駐退機カバー正面の処理が不自然な形となっているのを発見。ここって、35版の時に3回は試作したはずなのに、なんでこんなの気づかないんだろう? ここも修正しなきゃ。
砲塔吊り下げフックがないのは細かすぎるのでカットしました。天井にそれっぽいテクスチャを書こうかとも思ったんですが、いっそなくした方が潔いかと。
砲身は他に表現しようがないので紙を巻いて棒にしています。一番細い部分で太さ1.5ミリ。砲塔で一番難しい工作かも。35版で砲身の段の部分に細いリングを貼ってテーパーを表現してるのは、48の大きさでは不可能なのでカットしました。
とりあえず、48版はこんな進展です。

さて、ここでちょっとだけ残念なお知らせ。
12月は締め切りが2個重なってしまったために、48版と一式中戦車のペースが(現状でも、十分に遅いのに、さらに)少し遅くなるかもしれません。その分、買い込んだまま本棚にしまってあるキットのレビューなんかでつないでいきたいと思っています。新製品紹介も少しネタが溜まってきちゃったし。
それでは、12月もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード