スペイン装甲部隊史・1

今回は新製品情報書くつもりが、前史から書き始めたら製品のアイテム出てくるまでにけっこうな分量になってしまったのでカテゴリを変更してお送りしてます。良かったら読んでってくださいな。

そもそもはポーランドMODELIK社の新製品のアナウンスがことの始まり。

1425122054_Verdeja okladka

なんだい、こりゃ。
最初、映画用のハリボテ戦車かと思ったが、どうやら実在するらしい。
こんな「World of Tanks」にも出てこないような戦車、よく知らんのですがスペインの国旗を挙げてるからスペインの戦車史を辿っていけばどっかで出会えるだろう、ってことで小国陸軍戦記の迷宮へようこそ。

第一次大戦には中立を守ったスペインだったが、大戦で登場した新兵器「戦車」に対しても知らぬ存ぜぬで通すわけにはいかなかった。
そこでまず1918年10月、フランスに対して「ルノーFT軽戦車を売ってちょうだい」と打診したが、フランスは終戦処理が忙しくって、売ると言ったり売らないと言ったりぐだぐだを繰り返し、1919年6月になってやっと1輌のルノーがスペインに到着した。しかもスペインは「プトー37ミリ砲装備型がいいです」と言っていたのに、このルノーは8ミリオチキス機銃装備型だった。
しかたないのでスペイン軍はルノーの機銃を自軍でも採用されているスペイン国産の7ミリ機銃に換装しつつ「お世話になっております、スペイン軍です。ルノーFTはとてもいい戦車ですね! つきましてはさらに10輌、できればうち2輌は37ミリ砲装備型で追加注文をさせていただけませんでしょうか? 取り急ぎ要件のみにて失礼させていただきます」と、追加購入を打診したが、フランス側は「今、売ることができるルノーFTは1輌もありません。あと、ルノーの機銃をお前らの7ミリ機銃に換装するなよ」とつれない返事。
トータルで3800輌も作ったルノーFTの1輌も売ることができない、ってどういうことだ。下手に出ればいい気になりやがって、というわけでスペインはアメリカとイギリスにも戦車購入を打診したが、全て断られた。なんたる仕打ち。中立守ったことがそんなに悪いのか。「スペイン風邪」だってスペインから情報が広まっただけでスペイン原産じゃないんだぞ。

文句を言っても売ってくれないものは仕方ないんで、スペイン軍は「保有戦車:1輌」という近代国家とは思えない寂しい状態で頑張っていたが、1921年にスペイン領モロッコでのベルベル人の反乱が激化してくるといよいよ戦車の必要性が痛感され、改めてフランスに戦車購入が打診された。
なぜかフランスは今度は気前よく、機銃装備型ルノーFT10輌に加えてオマケに武装の代わりに無線を積んだ指揮戦車1輌まで売ってくれた。なんで19年には1輌も売る戦車がなくて21年には10輌売れるんだ。なめてんのか。なんてことは思っても口に出さず、スペイン軍初の戦車部隊はルノーFT12輌で編制された。さらにフランス軍は戦車なんだか船なんだか分からないシュナイダーCA1まで6輌売ってくれるという大盤振る舞い。要するに、戦争終わって落ち着いてみたら戦車が余剰になっちゃったんだな。

1922年3月18日、スペイン軍ルノーFT軽戦車中隊がモロッコで実戦に投入された。ベルベル人側に対戦車兵器はない。こりゃどうやっても戦車部隊のバカ勝ちじゃよ! がっはっは! とスペイン軍は前進したが、ベルベル人の戦意はルノー戦車ごときで踏みにじれるものではなかった。
敵と接触すると、目立つルノー戦車ははたちまち凄まじい銃火に包まれた。さすがに戦車は銃弾を跳ね返したが、随伴する歩兵はそうはいかない。歩兵と切り離された戦車だけが前進してもどうしようもないので戦車も下がった。この間に、2輌が機械トラブルにより遺棄されている。なかなかうまくいかんもんだね。
初戦は失敗に終わったスペイン戦車部隊だが、その後は小規模に戦果を重ねていき、1925年9月9日には上陸部隊の一員としてモロッコの港で敵前上陸を果たし、スペイン戦車部隊は世界で初めての水陸両用作戦に参加した装甲部隊となった。
1926年にベルベル人とのリーフ戦争は終わり、戦車部隊はスペイン本国へと帰還する。

スペインではモロッコでの戦訓を取り入れた新型戦車の開発が始まっていた。
リーフ戦争でシュナイダー戦車隊を率いていた Carlos Ruiz de Toledo 砲兵大尉の先導で完成した新型戦車”Trubia A4”は、なんていうかルノーFT軽戦車を拡張してカッコ悪くしたような戦車で、「火力が弱い」というルノーFT戦車の弱点を補うため、いっぱい機銃がついていた。さらに特徴的なのは砲塔で、全高の半分で分割されており上半分だけを独立して旋回させることもできた。上半分に1門、下半分に1門機銃を装備しているので、下部の旋回ができなくなっても上部だけ回して戦い続けることができる、というアイデアだ。すごいね。ちなみに車体にも1門機銃があるから、前方火力はルノーの3倍だ。
どうでもいいけど、車体の前についてる円盤は何がしたいの?
*3月17日追記
コメント欄で火炎瓶さんから「車体前方の円盤は対鉄条網用のワイヤーカッターではないか」とのコメントをいただきました。
ああ、そうか! こいつ、完成したのは戦間期だけど、基本的には第一次大戦の戦車なんだ!
リーフ戦争でルノーFTが鉄条網を超えられなかったか、あるいは逆に戦車だけが鉄条網を乗り越えていってしまうせいで随伴する歩兵が残った鉄条網に阻まれて切り離されてしまうかした戦訓を取り入れたのでしょうね。
ツッコミありがとうございます!


スペイン軍は1926年に完成した試作車両を見て「いいね!」ボタンを押して4輌の試作を追加発注した。見た目はちょっとアレなことを別にすれば、スペインは念願の国産戦車部隊を手に入れるのか、と思われたがなぜかここから急にテンションが下がってしまう。飽きたのか。
追加発注を受けた4輌のうち、最初の1輌が完成したのが1928年。1931年にもう1輌、最後の2輌が完成したのはなんと1934年だった。
6年もかけて試作してるうちに、Trubia A4 は5~6周ぐらい周回遅れになってしまった。なにしろ1934年といえば、例えばソビエトではT-26が単一砲塔になり45ミリ砲が搭載されていたころだ。そもそも、日本の八九式戦車が試作完了したのが1928年だから、まぁ、最初っからいろいろと間に合っていない感は否定できない。


と、いったところで今回はここまで。
次回は怪しい装甲車両が列をなして登場する装甲百鬼夜行のスペイン内戦から続きますんで、良かったらまた冷やかしに来てくだされ。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

車体前方の円盤は恐らくは対鉄条網用のワイヤーカッターかと思います。

Re: タイトルなし

火炎瓶さん、コメントありがとうございます!

>対鉄条網用のワイヤーカッター
おおっ、なるほど!
基本的には第一次大戦の戦車なんだということをすっかり失念しておりました。
リーフ戦争でルノーFTが鉄条網を超えられなかったか、あるいは逆に戦車だけが鉄条網を乗り越えていってしまうせいで随伴する歩兵が残った鉄条網に阻まれて切り離されてしまうかした戦訓を取り入れたのでしょうね。
ツッコミありがとうございます!
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード