2014年もありがとうございました。

さて、今年もいよいよ残り数時間となりました。
勢いだけで突き進む当ブログですが、今年もなんとか年を越せそうです。
本年は自分の体調不良などもあって、なんともグダグダの一年となってしまいましたので、2015年は心機一転、初心に戻る気持ちで改めて頑張りたいと思います。
とか言って、やることは一緒なんですけどね。

とりあえず、毎年恒例の「今年の成果」なんですが、今年は完成品がMODELIKの Su-76i しかないんで写真は割愛。
代わりにリハビリ用に制作中のI-16の写真でものっけておきます。

20141231_1.jpg

とりあえず、胴体のブツ切りを全部つなげるとこんな感じになりました。
なんだか物騒なメッセージがドーンと写っちゃったけど、別にこれが当サイトからの年越しメッセージなわけじゃないです。
こうやって見ると、I-16の基本デザインって理想的流線型の涙滴型を目指したんだな、ってのが良くわかりますな。

20141231_2.jpg

カウルから出てる排気管は位置決めが特にないんでテケトーに接着したら、後になってもっと露出部分が短いと気付きました。ぎゃふん。まぁいいや、こいつは何の意図か知らんけど排気管を延長した「I-16・CMHCS(カードモデル始めましたカスタムスペシャル)」ってことにしよう。あと、I-16の空冷星形エンジンは9気筒なのに排気管出す穴は8箇所しかないんで、一箇所だけ2本の排気管が仲良く入ってるんですが、組み立て説明書になんの指示もないんで実機写真からたぶん、操縦席から見て左上が2本差しなんだろう、と判断しました。

2014年のカードモデル界勝手に総評ですが、今年は第一次大戦勃発100年ということで第一次大戦モノが続々と来るかと思ったら、全然そんなの関係なしにいつもの調子でした。
まぁ、戦車に限って言えば、A7Vもサン・シャモンも数年前にMODELIKが出しちゃったからなぁ。それとも2018年に停戦100年で大ブームが来るんだろうか。
それから、今年は去年までより大手からの「イージーキット」が増えたな、というのが感想。フリーモデルを準備したり、新しいモデラーの取り込みに力を入れ始めている感じです。
そうそう、今年もフリーのデザイナーや小ブランドは好調でした。代わりにいくつかの大手はちょっと低調かも。数年前までは大手メーカーのキットはベテランデザイナーの作品で占められてたんですが、これからはフリーのデザイナーと組んで、メーカーは印刷・流通を受け持つというカタチが主流になっていくのかも知れんですな。
あとは、3Dプリンターの値段が下がってきたんで、海賊版対策も兼ねてプリンタ出力した樹脂製小パーツとセットにした新しいスタイルのコンプリートキットなんてのもぼちぼち出てくるかも。まだまだ夢が広がるカードモデル界。
以上、個人的感想でした。

それでは、2015年が全てのカードモデラーにとって実り多き年となりますように。
本年もありがとうございました。よいお年を!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード