リンク紹介・「Z notatnika PGiN. 」様

カードモデルはチェコ、ウクライナ、ロシアなどでも盛んなホビーですが、やっぱり本場はポーランド。そんな決めつけに異論や反論、オブジェクションのある方もいると思いますが、今回はカードモデルの暫定本場ポーランドのブログとまさかの相互リンクのお報せ。まじかよ。そしてオブジェクションってなんだ。

ワタクシゴトになりますが、ブログを初める前から Paper Modelers という海外のフォーラムに出入りしてました。ここは世界中のカードモデラーが集まってテクニックや新製品の情報やレビュー、制作記、さらにはオリジナルキットのデザイン技術などの情報を交換するフォーラムで、あのころは(今になって思えば探し方が悪かった気もするんですが)まだ日本語で読めるカードモデル情報が少なくて、せめて英語ならポーランド語やチェコ語よりは理解できるだろう、と参加してみたんですな。
参加はしてみたものの、右も左もわからずにウロウロしてる変な日本人に声をかけて下さったのが、今回紹介するブログの管理人 Krzychu74氏。いろいろカードモデルやデザインの事を教えてもらったんですが、Paper Modelersの方はわしが本業立ち行かなくなった時期に疎遠になって、そのままフェードアウトしてしまいました(まだアカウントは持ってて、閲覧だけしてる)。

そして今回、まさかの日ポ相互リンクとなったのが氏のブログ「Z notatnika PGiN. (「PGiNのメモ帳」)」。「PGiN」というのは「Projektant Gnuśny i Nieużyteczny」の略で、直訳すると「ずぼらなボンクラデザイナー」ぐらいの意味。わしが言ったんじゃないよ、そういうタイトルなんだよ。
実際には「ずぼらなボンクラ」なんてのはあまりにも謙遜した言い方で、氏は興味深いアイテムを素晴らしいクオリティで次々に立体化してます。
Paper Modelersのおもしろいところは、ecardmodels.com というショップサイトが併設されているところで、フォーラムで完成した自作キットに値段を付けて販売できるんですが、そこで公開されているKrzychu74氏のキットをいくつか紹介。

まずは氏の記念すべきecardmodels.comリリース第一号、1/50 川西 E8K1 八試水上偵察機

kawan cover 068.jpg

第一作目で日本海軍水上偵察機、しかも普通、「八試水上偵察機」って言ったら、後に九五式水上偵察機になる中島のE8Nを思い浮かべる所を、中島に競争試作で負けた川西の八試水偵を持ってくるあたりに只者ではない貫禄十分。それにしても1/50というカードモデルでは「ミニスケール」と言っていいサイズでこのクオリティは凄い。後席の機銃とかどうなってんだ、これ。

本人に確認取ったわけじゃないんですが、どうもこの時期、氏は戦前の日本海軍機に凝っていたようで、他にも1/50 三菱八試複座戦闘機(英語資料では「Ka-8」と呼称されている)とか

mitsubishi_ka_8_cover.jpg mitsubishi_7.jpg

日本海軍唯一の三葉機、1/50 三菱 1MT1N 十年式艦上雷撃機なんていう、日本人でもよく知らない機体をリリースしています。

mitsubishi_1mt1n_cover.jpg Mitsubishi_1MT1N_4.jpg

どいつもこいつも、空母赤城の三段飛行甲板に並べたい感じの粒ぞろい。

そうかと思えば、その合間には「あ、ポーランドでもウルトラマンタロウって放映してたんだ」と思ったらユーゴスラビアの試作無尾翼ジェット機だった 1/50 イカルスP-453 MW なんていうカッコイイにも程がある試作機とか、

ikarus453cover.jpg ikarus_09.jpg

イタリアの試作無線誘導自爆機(目標に進路を取ったら、パイロットは脱出する) 1/50 Aeronautica Lombarda A.R.なんていう、珍しすぎてオナカ痛くなってくる感じのアイテムもリリース中。

aeronautica_cover.jpg aeronautica_5.jpg

ダメだ、オモシロ過ぎてこのままじゃ全部紹介してしまう。
ちなみに紹介した機体はどれもお値段4ドル。ダウンロードのみでの販売となっています。

最近ではガラリと方向が変わって、20世紀初頭の貨物船とか、現代の貨物船とか、氏のところに空前の局地的貨物船ブームが来ているようでして、リンク先でも現在の開発状況がアップされております。

と、いうわけで記念すべき当ブログ初の海外との相互リンクはポーランドのフリーデザイナーKrzychu74氏のデザインブログ。さらにホットな話題はGoogle+の方で更新中。
ポーランドをカードモデルの本場と認める人も、認めない人もおしなべて認めざるを得ない、いろんな意味で素晴らしいデザイナーの制作メモブログ、写真を見るだけでも楽しいのでオススメです! polecić!

*画像は全て ecardmodels.com からの引用。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

イカルス欲しい~(笑)

おお~なにやら国際的になってますね~。
親善大使?としてこれからも御活躍下さい!

Re: イカルス欲しい~(笑)

ナオさん、こんばんは!
実のところ東欧カードモデル親善大使なのは先方でこちらは通りがかりの普通の人、といったところなんですが考えてみればほんの数十年前まで鉄のカーテンの向こう側だった国の人と知り合いになれるんだから、インターネットっておもしろいです。
それにしてもイカルスはなんの必然性があってあんなカタチなんでしょう……(笑)

やはり本場の方はすごいですね!

イタリアの無線誘導自爆機って・・・。そんなもんあったんですね。
ショップサイトを覗いたら、あまりのセレクトの尖がりっぷりに危うく椅子からずり落ちそうになりました。日本艦では1/400の鳳翔がありましたが、起倒式煙突時のものだったりしてびっくりです。また、リンク先の方も対象物への偏愛っぷりが、なんて書いてあるのか全くわからないポ語の説明文からもビシビシ伝わってきました!まさに人間の熱意は言語すら超えるんですね~。ほんとに世界は広いっす!

Re: やはり本場の方はすごいですね!

azukenさん、こんばんは!
艦船ジャンルはアメリカ南北戦争のモニター艦が異様に充実していたり、やっと知ってる名前を見つけたと思ったら甲板に三葉機が並んでいたり、いったい何がこの方向へ人々を駆り立てるというのでしょうか……そのうち、本当に三段飛行甲板がリリースされそうです。
模型熱に国境なし! ということは、わたしらのブログも世界のどこかで「日本語全然わかんねー」とか言いながら見られてるんでしょうか(笑)
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード