予備領域の使い方。

さーて、今日も工作するぞー、と思ったところ、
あれ? ない、ない、ないぞ。
4つなくっちゃいけない3号戦車系列のダンパー基部の部品が2つしかないぞ。
スキャンしてとってある展開図のバックアップを見ると、ちゃんと4つあるんで2個組み立てたところで残りを間違って捨ててしまったらしい。
あちゃー、やってしもうたー。

嘆いても仕方ないので、基本色がベタ塗りになってる予備領域から部品を切り出しますか。
ちなみに戦車の場合、この予備領域がない(もしくは足りない)キットでも車体底面部分を予備領域に使う、という荒業があります。
どうせ車体底なんて完成しちゃえば見えないんだからいいのよ。

20131218_1.jpg

まずはバックアップ画像から、お目当ての部品のラインを抽出。抽出というか、なぞり書き。予備領域を使う場合、色は必要ないのよ。

20131218_2.jpg

で、でけた線画を紙の左上に配置、冊子から切り取った予備領域もテケトーな台紙の左上にマスキングテープで貼りつけて、線画をプリントアウトすれば、あっという間にこの通り正規品と同じ色の予備部品の出来上がり、ってわけでさぁ。
一個はみ出しちゃったけど、2個あればいいんで気にしない。

20131218_3.jpg

最近のプリンタって、どうも紙送りのローラーで紙の厚みを検出してるようなので、一部だけ紙が厚いと「ピントが外れた」みたいになって、線がぼやけてしまうんですが、こうやって貼り付けた紙の裏側は台紙を切り落とすことで少しはピンボケが軽減されるような、気のせいのような。

20131218_4.jpg

この方法で作った予備部品を組み立ててみるとこんな感じに。左2個がオリジナル。右2個が複製品。
うーん、カタチは正確に複製できたものの、やっぱり表面のラインはオリジナルのシャープでハッキリした感じには及びませんな。
でも、並べて見るとバレちゃうけれども、離して置くならなんとかなるレベル。複製した部品だけ表面テクスチャなし、ってのよりは幾分マシでしょう。なにより、色が全く同じなので小さい部品ならパッと見なら気付かれない。

そんなわけで、MODELIKみたいな汚しのないタイプのテクスチャだからできる、というのもありますが、うっかりパーツを捨てちゃった時になんかに予備領域からの複製を試してみてくだされ。
それではまたー。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード