帆船もいいなと思いました。

それは12月9日、月曜日の帰路のこと。
いつも通り、帰りがけに宗谷のいる桟橋の方を見ると、そこには……

20131214_1.jpg

おや……あ、あれは…………

20131214_2.jpg

帆船だ! 本物の帆船だ! きゃーっ!

後でネットで確認したら、航海訓練所の練習帆船「日本丸(二代目)」ですってよ。
写真は光量足りなくてブレブレのガッカリ写真ですけど、本物は、そりゃぁもう、「太平洋の白鳥」ですよ。
総トン数2570トンですよ。全長110メートルですよ。
全然、前知識なしに突然の遭遇だったので、なんというか、夜景に浮かぶ本物の帆船は夢を見てるような美しさでした。
予定表では年明け、6日の昼まで船の科学館、宗谷の前に停泊してるそうなので台場に予定のある方はガンダム見学のついでに日本丸も見てくると幸せになれることうけあい。

あまりに幸せだったので、翌日に帰る方向が一緒だった部長様が「開発員同士の横の連絡を密にするためには、どのような方法が考えられるか」みたいなマジメな話をされている最中に、「それはそうと日本丸ですよ!」と指さして言ってしまったけれども、部長のお父様が船乗りで、部長も幼少のころに先代日本丸に乗せてもらったことがある、というイイ話を聞かせてもらったのでOK!

20131214_3.jpg

宗谷のお尻の方から見た日本丸。宗谷老は美人さんと差し向かいで年越し。うらやましい。

申し訳程度にカードモデルブログっぽいこと書いておくと、日本丸も宗谷もキヤノンクリエイティブパークに展開図が無料公開されてまーす。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

二隻とも旧日本海軍で活躍

宗谷と日本丸ですか。珍しいツーショットですね。

確か太平洋戦争(大東亜戦争)中、この二隻は、旧日本海軍の輸送艦として活躍しました。宗谷は、もともと旧ソビエト砕氷艦(船)として誕生し、その後、理由があって日本の地領丸となり、太平洋戦争で旧日本海軍で測量艦となり、輸送艦として使用されました。戦後、引き揚げ船、巡視船(灯台補給船)、南極観測船、巡視船になります。

初代の日本丸は、太平洋戦争中、旧日本海軍の石炭などの燃料を運ぶ輸送艦となりましたが、戦後の連合国軍による戦時賠償艦指定を受けるところでしたが、初代日本丸の船体状態がボロボロだったので賠償艦指定から外されたそうです。

下手したら初代日本丸も後に台湾海軍「丹陽」になる旧日本海軍の駆逐艦「雪風」と同じ賠償艦となっていたでしょうね。

Re: 二隻とも旧日本海軍で活躍

さいたまさん、こんばんは。
せっかく宗谷と日本丸、差し向かいで年越しだと思ったのに今日の帰りに見たら、海上保安庁の巡視船らしきものが二隻の間に停泊していました。うーん、野暮なことをなさる(笑)
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード