48版BTの砲塔外郭完成!

いや、「完成!」なんてわざわざ感嘆符をつけるようなもんでもないんですが。
結局、「小さいモデルだから薄い紙でいいか」という目算が完全に外れて、心材0.5ミリ、メイン0.2ミリという35分の1と同じ構成となりました。
よく考えたら当たり前だなぁ。小さいからって薄い紙でいいんなら、ポーランドのキットメーカーだって軽戦車のモデルなんて薄い紙でリリースすればいいのにみんな0.2ミリを使うってことは、その厚さが戦車モデルで装甲板の固さを表現するのには必要なんだな。また一つ勉強になったぞ。

20091105_01.jpg20091105_02.jpg

心材はこんな感じでござーい。厚紙には自分的定番、シスコーンBIGの箱ですがいつもは印刷面に型紙を張るのに、今回は間違えて裏に貼ってしまったので方々から細切れのシスコーンのラベルが見えるファンシーな仕上がりに(笑)

20091108_01.jpg20091108_02.jpg

出来上がってしまえば、まぁ普通やね。
チョウツガイもこの大きさなら、オプションでパーツ化してもいいのかも。
次の作業は防盾と砲身の工作となりまーす。
ちなみに一式戦車はまだルーバーの板をチクチク作っています。おっちゃん作業が遅くてゴメンなーって感じ。

おまけ。

20091108_03.jpg

BT5の砲塔ばっかり試作を繰り返すもんだから机の上でT-35多砲塔戦車ゴッコができますよ。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード