Model-hobby 日本陸軍九七式戦車新砲塔チハ

今日は方々進展が滞っていて書くことないんでレビューやりまーす。
本日紹介するのは、当ブログには初登場のポーランドModel-hobby社から、日本帝国陸軍中戦車九七式新砲塔チハの紹介です。

20091107_03.jpg

なんともイマイチな写りの写真で申し訳ない。
Model-hobby社はもともとカードモデルの販売をする流通会社だったのかな? それが2005年11月に独自ブランドを設立し、設計・出版部門を立ち上げたようです。
ここの特徴は現在「Weapons of WWII」というシリーズを展開しており、第二次大戦の兵器に対象を限定していることです。
そして、Model-hobbyの第一作がこの「新砲塔チハ」になります。
第1作が日本陸軍戦車、というのもどうかしていると思いますがその後の商品展開も「ドイツ軍戦闘機・メッサーシュミット109T(空母艦載型)」、「ドイツ軍自走対戦車砲・マーダー3H」「日本海軍戦闘機・紫電改」というコンセプトのよくわからないラインナップ。別に特別変なトコロを抜き出しているわけではなく、これがModel-hobbyのこれまでの全リリース商品です。ブランド立ち上げて4年で4商品しか出してないんですね。BT-5に1年かけてるわしに言われたくないだろうけど。それにしても、このメーカーのロゴって真ん中にポーランドの7TP双銃塔型の写真が入ってるんですけど、7TP出てないじゃん……
ちなみに次回作は日本帝国海軍駆逐艦吹雪型10番艦「浦波」だそうです。なんでその艦を選ぶのか良くワカラン……いっそ、吹雪型の改装型である「綾波」型にすればアレと間違えて買う人続出なのに。
ちなみに自分が知る限りカードモデル化されている日本軍中戦車はMALY MODELARZの一式中戦車とこの新砲塔九七式、あとModelikが何を思ったか五式中戦車「チリ」を出しているので全部です。(軽戦車がもう少しある)

20091107_04.jpg

で、肝心の中身。
パーツはカード9枚、ペーパー2枚。テクスチャは汚しの入った質感タップリのもの。内装はなしで極端に細かいパーツもなく組みやすそう。一部のパーツは、裏面は白黒ながら両面印刷となっています。
デザイナーはMarian Sobel氏。Sobel氏はHalinskiでもデザインを行っており、代表作はHalinskiのタイガー、パンターという戦車の専門家。
Model-hobbyはヒストリカル・リサーチにも力を入れており、キットはサイパン島で撃破された戦車第九連隊長五島大佐乗車のマーキングとなっており、砲塔には連隊長車を示すといわれている白い点線、車体には「あそ」の文字が……ちょっと、達筆とは言いがたい書体で。ここの再現性はちょっと残念。わしに言ってくれれば日本語監修したのに~。もっとも、これはSobel氏の責任ではなくてポーランドのAJ・Press社が出している「Tank-power」誌の日本戦車特集号で五島車のカラー側面図の文字がこうなっているそうなので、それを参考にしたのでしょう。

20091107_06.jpg

で、お待ちかねの完成品写真をメーカー公式ページからドーンと引用です。
コンピューターでのデザインのはずなのに、テクスチャや汚しに筆の「タッチ」がうっすらと見えるのがおもしろい。でも、この完成写真は少し塗ってるかな? あと、履帯もキットのままではないと思います。
紙模型.comさんにも完成品写真ありまーす。

こんな感じの新砲塔九七式中戦車、スケールはいつもの25分の1、定価は30ポーランドズロチ(約1000円)と安めの設定。Model-hobbyの今後の動向にも期待です。

おまけ。

20091107_01.jpg

オプションパーツのリベット。最小で0.5ミリ。
面倒な人は、貼らなくてもOKなのが救いです。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記念すべき第一作目になんと我が軍の戦車をチョイスしてくれるとは、無謀、いや、大変光栄でありますね(笑)。
その後のラインナップ見ても日本軍濃度高くて心配、いや、今後の展開が楽しみです。
Model-hobbyさんガンバレ!

P.S.前出の「切り抜く本・世界の戦車」は私も子供のころ作りましたよ。絵の具で迷彩塗ったなぁ~。

Re: No title

どうやらポーランド人は日本のことを宿敵「ドイツの同盟国」ではなく、「ポーランドを隷属させていたロシア帝国を日露戦争でやっつけた国」としか思っていないようで、ポーランドでは日本機の人気が高いようですよ。零戦と日露戦争関係ないのに(笑)

> P.S.前出の「切り抜く本・世界の戦車」は私も子供のころ作りましたよ。絵の具で迷彩塗ったなぁ~。
おおっ! それでは、あの本での原体験が回りまわって今のカードモデル自作につながった同志だったのですね!(笑)
「世界の戦車」でカードモデルにハメられた同士、今後ともよろしくお願いします~
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード