海への競争。

どもー。
これまで明けても暮れても戦車ばっかり作ってたわしですが、ありがたい事に同好の士である先輩カードモデラー諸氏より、「船もやってみようよ」の声がかかるようになりましたのよ。
いやいや、まだまだ戦車もやっと一人前に作れるようになったばかり、対象を広げるのはもうちょっと手にスキルがついてから……なんて思っていたおりもおり、勤務地がゆりかもめ線「船の科学館駅」近くになりまして、あの船型の建物、明滅する電光掲示の「F」の文字、そして南極観測船「宗谷」の尻を毎日眺めてるうちに、うーん、船もいいねー。とムラムラっと来てしまったわけですよ。

とは言え、いきなりHalinskiの戦艦大和だ! Answerの金剛だ! と終着駅向けて走っていくと、行方不明になるのは目に見えているんでまずは手頃に3000トン級軽巡洋艦あたりを試しに建造して、自分の力量を知ろう、という慎ましい建艦計画をぶち上げてみました。自分の中で。なんで3000トン級軽巡洋艦なのかというと、手元に船がそれしかないから。

ぶち上げるのは心中の問題なんで勝手なんですが、困ったことに作業台が第一次大戦後のポーランド状態で、船を作るスペースが全くないんですな。
そんなわけで、建艦計画はひとまず棚上げになりまして、まずは造船のための船台を確保するところから、と国立競技場を後ろ向きに出ていく勢いで計画は後退。
この「第零次建艦計画」のために、とりあえず船体の芯材中央部を切りだして、船台を探す旅に出たのでありました。

で、わかったこと。

20131003_1.jpg

船でけー!
おかしいぞ。小柄な船を選んだはずなのに、なんだこの大きさは。間違えてスケール100分の1の船を買ってしまったのかと思ったけど、確認したらこの船、全長が130mもあったよ。前ド級戦艦と同じぐらいじゃないか。

20131003_2.jpg

あれだけ大きくて置き場所に困ったタイガー戦車が小さく見えるぜ、ひゃっはー。
どうしよう、今から第一次計画艦の対象を駆逐艦か水雷艇にでも変えようか。でも芯材切り出しちゃったしなぁ。

そんなわけで、まだ船台も確保できてない建艦計画、いったいスタートラインにつくのはいつになることやら。
良かったらあまり期待せずに生暖かく見守ってくだされ。

おまけ。

20131003_3.jpg

あんたのせいでこんなことになったんやでー
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

遂に別ジャンルですか!

お~遂に別ジャンルが始まったのか~と、思ったら色々御事情が有る様で(笑)

のっとちょさんの完成品を生で見ているだけに丁寧な仕上がりが予想される素晴らしき完成品になる事でしょう~!!

気長に進捗楽しみにしております。

うわっ、ほんとに作ってる!

ほんとにやり始めちゃいましたね~。
基本フネキチの私としては、のとっちょさんクオリティの作品を見たくてたまらないのですが、いきなりイタリア防護巡洋艦とか、あまりのチョイスの凄さに脱帽です。
気長に応援してま~す!

Re: 遂に別ジャンルですか!

ナオさん、こんばんは!
いやはや、ナオさんのヘルゴラントを間近で見てるんだからこのクラスの艦の大きさは知ってるはずなのに、それが自分の作業机の上に置いてあるところを全く想像できていなかった、というなんともトンチキな幕開けとなりました(笑)
スタートラインにつくのさえいつになるやら、という超スロースタートですが、今後共よろしくお願いします!

Re: うわっ、ほんとに作ってる!

azukenさん、こんばんは!
うっかり始めちゃったんですよー。と、言うか、まだ始まってもいないんですよー(笑)
なにぶん海モノは初めての体験なので、造船スペース確保できたあかつきにはできるだけスタンダードに、余計な事をせずに組み立てたいと思っています。
QUARTOは、静岡ホビーショーの即売会で某N氏のお誘いで購入し、「初めての建艦に手頃な大きさかな」と時期未定の海軍整備計画に向けて温存していたのですが、全然手頃な大きさじゃありませんでした(笑)
今後共、気長によろしくお願いいたします!
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード