SU-76i 車体下部と前部のスキンを貼る。

いやー、暑い暑い。別にこれを言ったところで涼しくなるわけでもないんですが、やっぱり暑い。
暑くてパソコンの調子が悪いんで、ここんとこSu-76iばっかりいじってます。

20130815_1.jpg

そんなわけで、車体下部と前部スキンをすきーんと貼ってみました。
車体の両端にペロンとぶらさがっている謎の短冊は、車体下部と一枚になってるフェンダーの裏側部分です。
そういえば4TPの時もこの構造だったなぁ。

20130815_2.jpg

なので、車体裏側から見るとこんな感じ。
3号戦車のフェンダーって、確かこういう風に車体に直接じゃなくて、支持架を介して取り付けられていて車体との間には細い隙間があいてたと思うんですが、作りとして、MODELIKのものよりかなり細かいGPMの3号戦車系列でもフェンダーは車体直付けになってるんで、カードモデルでは無理な構造と割りきってしまいましょ。
(そういえば、実車のフェンダーは車体後部の吸気ルーバー部分にも切欠きがあったような……)
それにしても実車はなんだってあんな面倒な取り付け方にしたんですかね。

20130815_3.jpg

ついでに上部転輪とか軌道輪基部とか脱出ハッチとかも組んでみました。
内部再現で有名なGPMの3号戦車系列と比べてると、ハッチのヒンジなんかはかなり簡単な紙の厚みだけの表現になってます。この辺は、デザイナーのタッチの差が出ておもしろいですね。それにしてもこの小さい脱出ハッチ、ホントに外に出ることできんのかな。とりあえずメタボなわしには無理そうです。

そんなわけで、暑さが一息つくまではこの調子でSu-76iの製作が続くと思いますが、お暇ならボチボチと覗きに来てやってくださいな。
それではまたー。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード