たまには模型の話を。

どもー。連日の苦戦のお陰でサービスインまでは漕ぎ着けたんですが、今度はサポート、サポート、サポートの大波に揉まれて、今週も休まず働かせていただいております。
更新も会社のPCからこっそりでございます。ないしょでお願いいたします。

そんな調子でも、週に二回ほど帰宅した時に手を動かしてりゃ、少しは進むのが紙模型の楽しいところ。
カンヅメになる前から進めてた分も併せて、本日はちょっとだけ進展を。

以前にちょっとだけ報告したんですが、合間合間の細かい時間にはMODELIKのSu-76iを進めているんですが、それ用に履帯を自作してみました。

20130630_1.jpg

なんでいきなり履帯を自作するのかと言うと、毎度毎度、スプロケットの歯と履帯のピッチがあわなくてえらい苦労するからなんじゃよー。
あと、MODELIKのWaldemar Rychard氏の3号/4号系列の履帯って、全部同じものなんですが、わしが持ってる4号突撃砲の履帯がミスプリントなんですわ。

20130630_2.jpg

こんなふうにそれぞれの右肩部分の黒が抜けちゃってる。この斜めの金属光沢表現もちょっと微妙(しかも、ページによって斜めの角度が違ったりする)な感じなんで、だったら、今後のことも考えていっそMODELIK用の3号/4号履帯を自作してしまうか、となったわけです。
キットのものより、全体的に華奢な感じに線を引き直して、ドイツ中戦車履帯の意外とスカスカな感じになればいいなーとか思ってます。

20130630_3.jpg

で、とりあえず履帯のピッチはもともとのキットのままで試作してみたんですが、スプロケットと合わせて見たら、なんとこれが芸術的なまでにピッタリ!
うーん、さすが戦車カードモデル設計の重鎮Waldemar Rychard氏、おみそれしました!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード