T-28、車体芯材の設計・1

どもー。なかなかスケジュールが安定しませんで、進展もそれほどではないんですが、生存報告的に現状を。
今は、主に車体の芯材設計やってまーす。

20130606_1.jpg

まー、相変わらず雑然とした図だこと。
T-28の車体は複雑な傾斜はないから、簡単にいくだろうと思ってたんですが、細かいところがよくわからなくて結構苦戦中です。
例えば、操縦席の後ろに主砲塔周りの戦闘室まで続く、なんというか通路状のデッパリ。このデッパリの存在意義そのもの良く分からんのですが、銃塔を入れるために幅を削ってる部分の形状がどうなってるのか、意外とわからない。仕方ないので、原形になったビッカースMk3戦車を参考に一部想像で書いちゃいました。

あと、良くわからないのがサスペンションを収めている左右のバルジ部分の構造。
書籍やネットで見る図面では、大抵底面の装甲板がバルジ部分まで幅一杯の一枚板として書かれてて、バルジ部分も車体と一体化してるんですが、近年ペテルスブルグの近くで地中から掘り出されたというT-28の車体の写真を見ると、バルジ部分がなくて車体のみ。ただ、この車体は装甲トーチカとして地中に埋められていたというんで、もともとT-28そっくりに造られたオリジナルな物(あるいは、T-28車体の基礎部分のみを利用・改造した物)なのかも。明らかにサスペンションと干渉する変な位置にハッチがついてたりするし。

ま、そんなどうでもいいような事にコマゴマと悩みながらも、チマチマと進めておるわけです。
それではまたー。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード