Tiger(P)、牽引ワイヤー取り付け。

なんか暑かったり薄ら寒かったり突然風が強かったり、変な天気が続きますな。

20130320_1.jpg

えーと、Tiger(P)、車体最後の部品となります牽引用のワイヤーロープを作成しました。
試しに電気用のコードの皮膜を剥いてヨジったり、いろいろと試行錯誤はしたんですが、どうもうまくいかないので結局は黒塗りのクラフト用アルミ線1.5ミリでつくることに。
とりあえず組み立て説明書を見ながら、それっぽい形に曲げまして。

20130320_2.jpg

取り付け用の金具のパーツを付け足すとこんな感じに。ちなみに組み立て説明書には「長さ38.5センチ」と書いてありましたが、その通りに作ったら7~8センチも余ったでござるよ。

20130320_3.jpg

んで、車体に取り付けてみたところ。うん、なかなかの仕上がり。
スケールもののワイヤーには「ギターの弦を使うとイイよ」という記事を昔の模型雑誌で読んだ覚えがあるんですが、取り付ける時には取り付けパーツで強引に押さえ込んでる部分もあるんでこれ以上テンション高い材質だと紙が負けてうまくいかなかったかも。
それにしても、ワイヤーが車体側面のハッチと思いきり干渉して開かなそうなんですがいいんでしょうか。まさかこのハッチ内開き? いや、この位置にワイヤーあったら開いても乗員が出れないか。『雑想ノート』みたいに、このハッチは防御上の弱点として溶接されたって設定なんですかね。

20130320_4.jpg

前回、ワイヤーと干渉しそうで取り付けなかったスコップも、ワイヤーの曲がりを調整してなんとか積み込みました。
これにて車体は完成、あとは砲塔後部の雑具入れなどを組み立てますー。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード