厚紙の話・2

どーも、どーも。
厚紙の話が中途半端に放ったらかしだったのを突然思い出したので片付けてしまうですよ。
「前回は手頃な厚さ、手頃な固さのいい厚紙が手に入らない」ということで頭を抱えて終わったわけですが、一式中戦車の心材を鼻歌まじりで切り出している時点で、まぁなにか解決策があることはバレバレなわけですよ。

最初は、塾の講師をしている姉が「そういう紙なら業者のテストを買うと中身の保護のために1包みに1枚入っている」と言うので帰省の時に持ってきてもらって、これはなかなか良好だったのですが、「カードモデルを始めようと思う方は、まず姉に塾の講師になってもらいましょう」ではあまりにハードルが高いのでこれをもって解決とするのはやめました。

それで結局、どうしたのかと言いますと、ちょいと話は長くなるんですが一旦話は変わりまして、ディズニーチャンネルに「アートアタック」というコンテンツがあるんですが、内容は一応「子供向けの工作」となっているもののイギリス製の番組なので日本人とは違うセンス、違うアプローチが多く登場するために見ていて飽きません。で、その番組内で「厚紙」といえば「シリアルの箱」を使うのが定番なんですね。シリアルの箱って言ってもRS232Cケーブルが入ってる箱じゃないですよ。オッサンギャグですね。
シリアル食といえばコーンフレークですが、コーンフレークの箱って「厚紙」って言うほど厚いか? というのが最初の感想。だって、官製ハガキとコーンフレークの箱だと官製ハガキの方が固いじゃん。官製ハガキでさえ厚さ0.2ミリしかないぞ。
そんなわけで「シリアルの箱」という情報は頭の片隅に放っておいたのですが、なんとなく朝食にコーンフレークを食べたついでに箱の厚みをマイクロメーターで測ってみたら、なんと! 厚さ0.5ミリもあるじゃないですか! これには驚きました。だって、コーンフレークの箱ってフニャフニャのペニャペニャなんだもの。結局、紙の固さってのは紙質で決まるところが大きく、手に持った感触で厚みを知るのは相当熟練しないと無理なんですね。
つまり、「売るほどでもない軟らかい厚紙」というのは、いつもなら捨てられてしまう食品や雑貨、日用品の箱の姿で目の前に転がっていたんですね。幸せの青い鳥もビックリだ。
で、食品やお菓子の空き箱ならだいたい厚さ0.5ミリぐらいで固さも手頃、これを2枚重ねてスプレーノリで接着してしまえばご機嫌な1ミリ厚の加工しやすい厚紙が手に入る。やったー!
問題はそれを必要量確保する方法ですが、1・箱が大きくて、2・消費が早くて、3・安価な商品ってなーんだ、ということで考えてみると、これが断然コーンフレークなんですね。つまりアートアタックはベストチョイスを教えてくれていたわけだ。ごめんよニール。君の言う事を疑っていたよ。

これで厚紙の問題はほぼ解決したわけですが、それでも問題が1つ2つ。まず、日清シスコ社のシスコーンBIGの箱を使って1ミリ厚紙を作ると、箱の大きさの都合でA4より小さいサイズになります。たいていのカードモデルはA4で供給されるので、この厚紙に貼る時には1枚ペロンと貼るわけにはいかず、適当な大きさで切らないといけません。ケロッグ社の徳用箱ならA4サイズが取れるのかもしれませんが、あれは高いのじゃよ……
それから、これはコーンフレークの箱が悪いわけじゃないんですけど、律儀に1ミリの厚紙に心材の型紙を貼ると、厚すぎて組めないことがあります。ギャフン。
これは先にノギスなどで組み立て用の切り込みの幅を計って、見当をつけるしかないですね。まぁ、いざ厚かったら切り込みを広げるか少し紙を剥いで厚みを調整すればなんとかなります。厚みを剥ぐのも、コーンフレークの箱ならペロンペロン剥げてラクチンですよ。一度お試しあれ!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お菓子の箱とかなんか芯材によさゲ~と思って手当たり次第溜め込んでいた時期が有りましたが、異様に溜まってきたので捨てました。やはり使えそうですか。
スチレンボードもよさそうですが空き箱のほうが断然低コストですよね。

そういえば最近コーンフレーク食べてないな~。子供のころはケロッグのオマケが欲しくてよく買ってもらってたなぁ。懐かしい・・・(おっさんってことがバレましたな)。

Re: No title

お菓子の箱は自分も集めましたよ~
でもお菓子の箱って、普通にポッキーとか買っても小さすぎて大きな心材は取れませんし、もっと大きな箱、例えば「せんべい詰め合わせ」とかの箱は普通は何度も手に入らないんですよね。結局、空き箱はめったに使わずに、大量に同じものが手に入る方法として買ってきた工作用紙や板目表紙紙を苦労して切ってました(笑)
コーンフレークは暑い季節の朝食には冷たい牛乳がサッパリしていていいのですが、これから寒くなってくると朝にも熱々の一品が欲しくなるかもしれませんね。
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード