Tiger(P)、フェンダー取り付け完了。

いやー、なんかいきなり寒くなったっすねー。
あまりの寒さに、今日は開発室の室長が体調不良で欠勤でしたよ。みなさまも体には十分お気をつけください。

それはそうと、片方取り付けた後、なんとなく先送りになっていたもう片方のフェンダーをついに取り付けたので写真なんか見せちゃいますよ。

20121115_1.jpg

ずどーん。

20121115_2.jpg

もういっちょ、ずどどーん。

いやー、フェンダーがつくと、強そうなこと強そうなこと! 強そうかどうかで戦争の勝敗が決まるんだったら、間違いなくドイツは戦争に勝ってたに違いない。
こりゃ、来年の静岡ホビーショーはいただきだな。何をいただくのか知らないけど。
この大迫力の前では、左側の冷却ルーバーがちょっとひしゃげちゃって、仕切り板が左右一直線になってないのなんて、小さな問題だ。

20121115_3.jpg

ついでに、砲塔と主砲もそれっぽく置いてみたら、いやーん、もう、T-26ぐらいだったら2億輌ぐらい撃破できそうな大迫力だわ。よく見ると、車体と砲塔で迷彩のボケ幅が違うけど気にしない気にしない。
ポルシェタイガーというと東部戦線のイメージがありますけど、この車両はダークイエローがオレンジっぽいんで、どっちかというと北アフリカっぽい感じですね。
よーし、シャーマン戦車を5万輌ぐらい倒しちゃうぞー。

20121115_4.jpg

まだ片方しか取り付けてないんですが、白い部品取り付け指示の四角(ジャッキ用の木材があとでつく)の直後にあるヒンジって、最初はオーバーヒートした時に冷却ルーバー部分を基部ごとパカっと開けてモーターを冷やせるように冷却ルーバーが開閉式になってるのかと思ったんですが、よく見たらヒンジの向きが逆だからエンジンルームの天井の方が開くようになってるんですね(実際、試験時にここを開けてる写真がある)。そもそもルーバー部分とヒンジがつながってないし。
でも、この大きさ(ジャーマン・タンクスによると厚さ2センチ)の防弾鋼板の板って、なかなか人力で開けられるもんじゃないと思うんですが、なにか仕掛けでもあるんですかね。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【Tiger(P)、フェンダー】

いやー、なんかいきなり寒くなったっすねー。あまりの寒さに、今日は開発室の室長が体調不良で欠勤でした

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード