Tiger(P)、冷却ルーバーの組み立て。

さーて、今日もTiger(P)、作っちゃいますよー。

20121108_1.jpg

てなわけで、今週は車体後部上面の冷却口のルーバーを作ってみたですよ。
と、文章にすると一行ですが、実はこの斜めの板部品は全部作り直しました。
だって、この中央の仕切の右側と左側で、長さが違うって気づかなかったんだもの……
途中で全然合わない板が何枚かあって、なんで幅が合ったり合わなかったりするんだろう? と不思議に思って測ってみたら、左右で0.5ミリぐらい幅が違いましたよ。とほほん。

20121108_2.jpg

そんな苦労を乗り越えて、やっとカタチになったんで車体に試しにのっけてみるとこんな感じに。
ほほー、なかなか。
紙のテンションで歪んでますけど、ガッチリ接着してしまえばもうちょっとパッキリとした仕上がりになるはず。
ところがこれ、斜めに板を並べたルーバーを車体後部の斜めの部分に載せるんで、上から見ると……

20121108_3.jpg

ありゃ? 板が全部垂直になって筒抜けだぞ??
なんか組み立て間違えたかと思ったけど、どう確認してもこれで指示通り。
むぅ、なんか納得いかないがこういうものなのか。プラモデルのTiger(P)の作例を見ると、このルーバーの上に目の細かいメッシュをさらに貼ってますな。
もしかして、熱の籠もり具合によって開閉できる構造で、これが全開状態なんだろうか。

そもそも、よく考えてみると、この部分ってエンジンの回転を電気に変えるモーターが入ってる部分だと思うんですが、肝心のエンジンには冷却(放熱)用の開口部が全くないんですがいいんですかね? エンジンルームと発電機部分の間には間仕切りがなくて、このルーバーでエンジンの冷却もどうにかするんだろうか。
前にも書きましたけど排気がどうなってるのかよくわからないし、うーん、いろいろと不思議な戦車だ……
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード