Tiger(P)、砲塔小物の組み立て。

どもー。相変わらず成り行きに身を任せて、Tiger(P)の砲塔を作ってますですよー。

20120920_1.jpg

いきなり、装甲列車の横転事故みたいな写真になりましたが、正体は分厚い外装防盾。なにしろ、厚さ10センチの鋼鉄だもの、これだけでもなかなかの迫力。小さいボルトは写真ではそれなりに存在感ありますが、実際には苦労した割にはあんまり見えなくてトホホなのです。

20120920_2.jpg

まだ、左右両端の補強部分が見接着で白いままですが、これまた組み立て中の砲身を組み合わせてみるとこんな感じに。あ、ボルトが一つ剥離しちゃってる。なおさなきゃ。
ちなみに防盾に2つならんで開いている穴は双眼式照準器の穴。意外にも倍率はたったの2.5倍。で、反対側に一回り大きな穴が開いてるのは同軸機関銃。

20120920_3.jpg

でも、この主砲が絶望的に迷彩パターンが合わないのよ。継ぎ目が一直線に並ぶように巻いていくと、途中で迷彩が反転しちゃう。継ぎ目が並ばない(完成後に目立つ、上側に継ぎ目がきちゃう)のを我慢しても、やっぱりきちんとは迷彩が合わない。うーん、どうしたもんか。どうしたもんか、って言っても、見なかったことにするぐらいしか解決策はないんですが。迷彩とか汚しの利いてるテクスチャは、設計ミスがあった時に予備領域の切り出しでカバーできないことが多いのが欠点ですな。

20120920_4.jpg

おまけ。
作りかけのサスペンションを並べたら、帆船模型の大砲作ってるみたいになったっすよ。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード