Tiger(P)、砲塔スキンを貼る。

どもー。Tiger(P)、砲塔作ってますよー。
前回、長すぎる砲塔側面スキンを見えにくくなる後ろ側で切り詰めてなんとかつじつま合わせたんですが、今度は天板スキンの横幅が1ミリぐらいはみ出すという事態に。

20120912_1.jpg

仕方が無いので、砲尾が入るでっぱりを上から接着して見えなくなる部分で切って、左右を少し詰めましたのよ。
一箇所誤魔化そうとするとなし崩し的にあっちも、こっちもと大忙し。バタフライエフェクトというやつですな。

20120912_2.jpg

でもなんとか力技でつじつま合わせましたぜハッハッハー。砲塔前面の装甲板の組み合わせと溶接跡がなんだか変な気もするけど、そんなの直せないから気にしない気にしない。

20120912_3.jpg

そんなことよりも、装填手ハッチのヒンジの工作がうまくいったからゴキゲンですよ。説明書にはハッチは厚さ1ミリの厚紙に貼るように指示があったんですが、どうもうまくいきそうにないんで0.5ミリに貼ったらりょうどよかったです。このキット、なんだかほうぼうで0.5ミリ厚の「**」の指示と、1ミリ厚の「***」の指示が間違っているような気がするんで、テケトーにそれっぽい厚さを自分で判断した方がうまくいきそうです。

20120912_4.jpg

ついでに組み立て中の車長用キューポラのハッチ。画面左側になにか貼り付けるような点線が見えておりますが、これ、ヒンジの貼付け位置です。でも、この場所にヒンジをつけると、写真で画面奥になっているハッチ側のヒンジ部品が左を向いて、ハッチが120度ほど左に回転して、迷彩パターンが絶望的につながらなくなるんで点線の方を無視しちゃいました。

そんなわけで、砲塔小物ばっかり進んでますがサスペンションも組み立てなきゃ。
それでは、本日はこれでー
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード