PZInz140(4TP) 、足回り組み立て開始。

さて、ようやく再始動した4TPの制作。ころころと組み立て中のまま転がっていたボギーサスペンションを車体に取り付けて、一気に戦車らしくなっちゃいましたよ。

20120606_1.jpg

ずどーん。
しまった、アングルが高すぎて肝心の足回りがさっぱり見えない。
戦闘室前面の手前にある、気まずい感じの白いエリアもそろそろ隠さないと。

20120606_2.jpg

反対側は作業中に力を入れすぎてボギーから転輪がぽろりと落ちたのでまだ前後2つのうち、一つしか組んでませんのよ。
でも、お陰で足回りに入れた「仕掛け」がちらりと見えてますな。
それにしても、なんというかバランスの悪い戦車だこと……これ、砲塔にスキン貼って砲身とりつけりゃすこしはマシになるんかしらね。
ところで、職場で二回り近く年が若い新入社員に作業を教える時って、なぜか自然とおネェ言葉になってしまうのって、あたしだけかしらん。「あら、それで大丈夫かしら。気をつけてよく見てちょうだい」みたいな。新人君は気味悪がってるだろうな。

20120606_3.jpg

足回りの「仕掛け」部分にクローズアップ。起動輪は、テケトーな紙を巻いて作った芯のうえに被せる形で差し込むだけにしてあるのがミソ。履帯を履かせる時に、起動輪が接着されてると大抵はフェンダーとの間が狭くて履帯かフェンダーをぶっ壊すのよ。それからボギー式サスペンションのシャフトは、ちょうどいい太さだった3ミリプラ棒で車体を左右に貫通してます。これで、車体の重さでだんだんサスペンションがハの字に開いてきちゃうのが避けられるはず。

さぁ、あとは誘導輪つけて履帯を履かせりゃ足回りも見えてきますよー。あ、4TPって上部転輪があるんだった。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード