MALY MODELARZ 一式中戦車の紹介・2

昨日は撮った写真がボケボケで途中でふてくされて寝てしまったので、今日は続きを。
肝心のキット内容はこの通り。

20091022_01.jpg

昨日よりはまともな写真が取れたよヤホーイ。
構成はA4換算で厚さ0.2ミリ(はがき程度)のカード8枚(片面印刷)とペーパー2枚(両面印刷)、それから表紙がA3換算で1枚(半分折)となっています。先日も書きましたが、カードとペーパーはもともとA3二つ折りだったのを扱いやすいようにA4に切りました。枚数は25分の1の戦車としては標準的な枚数だと思います。
これ以外に、補強に使う厚紙と取っ手などの部品に使う針金を別途調達する必要があります。
カードの紙質は非常にやわらかく、画用紙に近い感じ。ペーパーは組み立て説明書のみです。
大抵のキットはペーパーに心材の型紙が印刷してあって厚紙に張るのですが、このキットは珍しく心材の展開図もカードに印刷してあります。

20091022_04.jpg

展開図は手書きではなくデジタル、線はシャープで色にもムラやカスレはありません。
デザイナーはPawel Mistewicz氏。 MALY MODELARZのキットで細かすぎない手頃な感じの展開図に出会ったら、まずMistewicz氏と思って間違いありません。
ちなみに名前で検索をかけると同姓同名の格闘家の情報がたくさん出てきますが、たぶん別人。

さて、いよいよ製作開始でまずは心材を切り出して隔壁というか骨格を作るわけですが、そのために厚紙を貼るだけで早くも問題があったりなかったり……次回乞う御期待!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちょっとコメントサボってる間に新企画スタートしちゃってる、乗り遅れた~。
しかしさすがのとっちょさん、密かに希望していた一式中戦車をチョイスするあたり、分かってらっしゃるぅ~。

キットの製作過程は、海外フォーラムで写真を眺めるだけでも楽しめますが、やはり日本語であれこれ解説を読みながら見れると楽しさ倍増です。ポーランド語だとキツイ。

MALY MODELARZのキット、ずいぶんとクオリティが上がりましたね。昔のは鑑賞用にするのが幸せな感じでしたが。
MALY MODELARZさん、この品質で特二式内火艇をリメイクしてくれないものか。
今のキミなら作れそうな気がする。

Re: No title

おお、MALY MODELARZが以前にカミ車を出していた事をご存知とは、なかなかポーランドカードモデル業界通ですな!?
今回の一式中戦車製作記は、直前までMODELIKのM11/39とどっちにするか悩んだのですが、M11/39の型紙を改めて確認したら直径1.5ミリの円形パーツを切り抜いてボルトの表現をする、という箇所があった(しかも、糊付け位置が白抜きになってるので省略もできない!)のに気づいて一式中戦車となりました。
MALY MODELARZのここ数年の品質の向上は、本当に目を見張るものがありますね。一式中戦車と一緒に、ポーランド戦車7TP(97年発行)も買ったのですが、そっちは手書きのホノボノした内容でした(笑)
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード