MODELIK オランダ軍駆逐艦 Hr.Ms. "VAN GALEN"

新年以降続いてきた静寂も春の嵐と共に破られ、今年も春の新作ラッシュの時期がやってきた。
今回は、ポーランドMODELIK社の今年最初の新作ラッシュの中から、オランダ軍駆逐艦 Hr.Ms. "VAN GALEN"を紹介しよう。

VanGalen okladka

新年度早々に、オランダ海軍である。
オランダ海軍というと、木靴を履いた水兵とチューリップ溢れる甲板、そして風車のついた艦橋を思い浮かべがちだが、もともとオランダは良港を生かした貿易立国であり、その商船隊を海賊から守るための武装商船から発達したオランダ海軍は一時はイギリス海軍に対抗しうる戦力を誇った。
"VAN GALEN"の艦名の由来となったJohan van Galenは、東インド会社の利権をめぐり1652年に勃発した第一次英蘭戦争でオランダ艦隊を率いた提督で、たくみな戦略でイギリス艦隊を分散させ各個に撃破、1652年3月14日、地中海のレグホーン(イタリア名リヴォルノ)で発生した海戦ではイギリス地中海艦隊に大損害を与えたものの自身も英軍の砲弾により片足を切断される重傷を負ったが、気丈にもその状態で指揮をとりつづけた(海戦の十日後に死亡)というオランダを代表する海の英雄だ。

駆逐艦”VAN GALEN”(ヴァン・ガレン、あるいはファン・ハレンとも)は戦間期にオランダで建造された駆逐艦でヴァン・ガレン級駆逐艦の一番艦である(このクラスはオランダの提督の名前をつけているので、資料によっては「アドミラル級」となっている)。
艦そのものは特筆すべき点もない標準的な艦だったが、オランダという立地が20世紀では悪すぎた。
4隻建造されたヴァン・ガレン級だったが、ネームシップのヴァン・ガレンはドイツのオランダ侵攻時にロッテルダムでドイツ軍機の攻撃を受け沈没。他の3隻はオランダ領東インドに回航されていたが、三番艦ヴァン・ネスは1942年2月に日本軍の空母龍驤の攻撃を受け沈没。ニ番艦バンケルト、四番艦ヴィッテ・デ・ヴィットは同年3月2日にスラバヤのドックで空襲を受け航行不能となり自沈処分となった。なお、ニ番艦バンケルトは後に浮揚され日本海軍哨戒艇「106号」となって戦争を生き延び、終戦時にオランダに返還され1949年に標的艦として処分となっている。

なお、艦名の前につく「Hr.Ms. 」とは、”Harer Majesteits”即ち「女王陛下の」を意味する。英語の資料ではこの部分も英語に翻訳され、”Her Netherlands Majesty's Ship”を略した「HNLMS」と表記されることもあるので注意されたい。

それではさっそく、「女王陛下のヴァン・ガレン号」の姿を公式ページの完成見本写真で見てみよう。

Van Galen Foto1

うむ。古くもなく、新しくもない普通の艦だ。主武装は12センチ単装砲が背負式に前方2門、後方2門となっている。一部の資料には主武装が「12センチ砲5門」と書いてあるが、あと1門がどこにあるのかわからないので無視しよう。
また、12センチ主砲の他に75ミリ高角砲も2門装備している。雷装は3連発射管x2基で、1300トンの船体には他にも爆雷を積み水上機まで載せるのだから、ずいぶん欲張りな装備だ。

Van Galen Foto2

艦載機はオランダが世界に誇る航空機メーカー、フォッカーの偵察/爆撃機C.Vを水上型としたC.VII-W。上下対称の魚の尾びれのような方向舵のアレンジがおもしろい。国籍マークの円の三色塗り分けはチェコ機のようにも見えるが、戦前のオランダの国籍マークで真ん中にオレンジの小さな丸がある(戦時中の国籍マークは黒縁つきのオレンジ色逆三角形)。

Van Galen Foto3

艦中央部にクローズアップ。ボートや測距儀、操舵室や上段主砲座の前の方のなんかアミアミの部分などの細かいディティールに要注目だ。
それにしても主砲が下段のみ防盾がついていて上段は吹きさらしとなっているのはなぜなんだろう。艦首からの飛沫避けなら、後方下部の砲には防盾いらないだろうし。

Van Galen ark1Van Galen ark3

テクスチャは汚しのないスッキリとしたタイプ。ベテランモデラーなら、テクスチャ表現となっている船体の丸窓を打ちぬき加工してさらにリアリティを増すのもいいだろう。

Van Galen rzs1
Van Galen rzs2

組み立て説明書はクローズアップ方式だが、ラインとCGの混在となっているのが珍しい。張り線の指示は細かいが、ここは艦船模型の完成度を高めるポイントであるだけに丁寧に取り組みたい。

MODELIKのオランダ軍駆逐艦 Hr.Ms. "VAN GALEN"は艦船統一スケール200分の1で全長約50センチというお手頃なサイズ。難易度は5段階評価の「4」(難しい)、定価は36ポーランドズロチ(約1200円)で、15.01ズロチ(約500円)でレーザーカット済み芯材用厚紙が同時発売となる。
STMから過去にリリースされたオランダ軍軽巡洋艦「デ・ロイテル」のキットを買って、さらにラジコン化しているオランダ海軍好きモデラーには見逃せない一品と言えるだろう。
強い意思で「これはヨーロッパで撃沈された一番艦じゃなくて、極東に回航された残り三隻の一隻だ!」と信じることでデ・ロイテルと並べるのもおもしろそうだ。
このキットがバカ売れしたら、ぜひとも計画倒れに終わったシャルンホルストそっくりさんのオランダ東洋艦隊向け巡洋戦艦、計画艦1047号(日本語資料では「K.ネデリンデン」の名前で呼ばれることもある。”Koningin Wilhelmina der Nederlanden”(オランダ女王ウィルヘルミナ)のことなのかしらん?)もキット化して欲しいものである。

ところで、オランダ海軍は第二次大戦中にもう一隻、”ヴァン・ガレン”という名前の駆逐艦がある。こちらはイギリスのN級駆逐艦「ノーブル」が戦時中に自由オランダ軍に供与されたもの。
ヴァン・ガレンがオランダを代表する海の英雄であることはわかるのだが……イギリスから供与された駆逐艦にイギリス艦隊を撃破した提督の名前つけちゃっていいの?



画像はMODELIK社サイトからの引用。


*定価はあくまでも現地で購入する場合の値段です。日本国内で購入する場合には輸送費などを考慮し、2倍~3倍程度になるとお考えください。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです

前々からテクスチャの汚し有りと無しはどうやって決めているのか不思議に思っていたりします。
Modelikは汚し無しが多いですけど、Halinskiは逆に汚し有りが多いですよね。
個人的には汚し有りの方が嬉しかったりします。複雑な汚しを出来る自信が無いので。
だから、プラモより紙模型をやっているんですけど。

>イギリスから供与された駆逐艦にイギリス艦隊を撃破した提督の名前つけちゃっていいの?
これはイギリスもやっていることなんで問題無いのでしょう(笑)。

時代はオランダ艦?

はーい、デ・ロイテルをラジコン化しようとしている変なやつです。
出ちゃいましたね、オランダ艦。ちょっと前にもオランダの駆逐艦が発売されたのですが、スケールが1:250で、なによりフルハルモデルじゃなかったので手を出しませんでした。
私のようにカードモデルのRC化を目指すヘンテコモデラーにとって、一番重要なのは喫水線下の形状なんですよ。
「ヴァン・ガレン」・・・。その名を記憶に留めておくとしましょう。デ・ロイテルの太鼓もちとして、まさに最適のキャラといえましょう。

Re: お久しぶりです

あっさいさん、お久しぶりです! 返信遅くなり、申し訳ございません。
艦船、機関車はほとんど汚しはなしですね。飛行機は控えめなものが少し、そして戦車は半々といった感じでしょうか(「半々」よりは汚し無しの方が多いかも)。
自分も汚しはしないので、汚しのない展開図を組み立てると、ピッカピカの新品みたいな戦車が完成します(笑)
一次大戦機のローゼンジ迷彩みたいな、プラモデルでは表現が難しい塗装があっさり表現できちゃうのも紙模型の魅力ですよね。中にはGPMの手書き汚しみたいな、スゴい汚しもありますが……

そう言えば、イギリス人は「新型のリー戦車です!」ってアメリカから渡された戦車を「じゃあ、私たちはこれをグラントと呼びましょう」なんていう滅茶苦茶ひねくれた嫌がらせもしていましたな(笑)

Re: 時代はオランダ艦?

azukenさん、こんばんは! オランダ艦といえばazukenさんに絡めないわけにはいかない! と思い、話を振ってしまいました(笑)
ヴァン・ガレンは以前にJSCもキット化していたんですね。それにしても、デ・ロイテルとかヴァン・ガレンとか、なんでオランダ艦が次々キット化されているんでしょう。今、ポーランドには空前の蘭流熱風が吹き荒れているんでしょうか。蘭流ドラマも目白押しで。
この勢いで、空母カレル・ドールマンもキット化して欲しいですね! イギリス海軍は搭載機数たった18機の空母をオランダに売りつけるなんて、嫌がらせとしか思えないですね!
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード