T-28 砲塔機銃基部の試作。

どもー、久々にT-28/T-35共用砲塔ですよー。

20120224_1.jpg

こちらが、プリプリっとプリントした砲塔側面と砲塔機銃基部のパーツ。T-28の初期型砲塔は、後ろに縦長の小ハッチがつくんですが、今回は長さを確認するためなんで省略。これで具合が良ければ書きたして刷り直そう。

20120224_2.jpg

で、試しに組んでみるとこんな感じに。
うーん、まぁギリギリ及第点かな。写真でもよく見るとわかるんですが、上と内側に少し傾いちゃった。これをなんとかしようと思ったら、平面部分を芯材に組み込まないといけないから、とりあえずはこのままで進んでしまおう。どうせ、組み方の手順に問題があって、後で芯材周りは再設計になるんだ。
白い紙が見えている機銃基部の「胴」の部分には当然スキンが貼られる予定だったんですが、長さが足りなくてダメだったんで、そちらも後で再設計。

20120224_3.jpg

T-28のことを原始甲殻類「ウミサソリ」と形容したサイトもありますが、言われてみると、確かにこの砲塔の面構えはどこか太古の生物を連想させますな。
それにしても、なんでソビエト軍は大して使えるとも思えん機銃をつけるためにこんな面倒な構造にしたんだろう。
きっと、T-34の開発に失敗して、長砲身・単砲塔化したT-28/1942年型とかでドイツ軍と戦うはめになったら、こんな構造はやめて、巾広の防盾に組み込まれた同軸機銃に改修されてたんだろうな。

まぁ、そんなわけで、共用砲塔で一番面倒そうな前方機銃が終わったんで、この後は側面貼って、上面ディティール作って行きたいと思っております。
そいではまたー。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード