Tiger(P)、転輪に手をつけてみたものの。

さて、T-26が完成して机の上から飾り棚の上へジャンプアップ! したので突如として最も進展しているということになったTiger(P)。でも、まだ机の上に並んでいるのはバラバラの箱だかなんだかわからない物体。これ、ホントに戦車になるの? と密かに不安に思いつつも、転輪のパーツを組んじゃったりして。

20111221_1.jpg

と、意気込んだものの、はやくもポーランドクオリティの洗礼を浴びることに。
写真下側の82cは上の82aと張り合わせてボルト穴を立体化するためのパーツなんですが、写真のように一つ試しに組んでみて、残りは5つ。裏側(車体側)はどうせ見えなくなっちゃうから、こんな凝った工作はしないでいいとして、外側だけで……あれ? Tiger(P)の転輪って、2個一組のボギーが片側3組で、片側だけで転輪6個あるんですけれど……両側で12転輪あるのに、82cが6個で一体全体、どうしろと?
説明書にはわざわざ「面倒だったら82cは貼り付けないでもいいヨ!」みたいな事が書いてあるんですが、それ以前に数が足りまへんがな。
仕方ないので、(せっかく転輪1個あたり16個も小さい穴を開けたのももったいないから)Tiger(P)の転輪はボギーの前と後ろで微妙に形状が違うのをいいことに、片方の種類にだけ82cを使おうかしらん、なんて思いながら残りも組んでみたら、あれ~82aのテクスチャの穴模様と82cの穴が、微妙にずれてるぞ~?
わしの工作精度が低いのか、それとも穴が正確に円周を16分割していないのか。
とにかく、苦労したわりにはなんだか仕上がりショボい(ショボいので写真さえ撮ってない)ので、82cを貼った82aは全部見えない場所に使うことにしましたよ、とほほ。
と、いうわけでWAKのTiger(P)を作る方には82cは使わないことをオススメします~
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード