T-26、排気管と吸気ダクトの接着

どもーん。今日も寝ちまう前に進展報告するでやんすよー。

20111026_1.jpg

前回、円筒形のマフラー部分とそれを支える支持架を作ったんで、今回はそれにつながる排気管と、ついでに吸気ダクトの土台になる金網部分をコキコキと作って見ましたのよ。写真は、まぁ、見ての通りの展開図。排気管はポリゴンで形を起こしてツールで展開しました。金網部分は、はっきりとした資料が結局見つからなかったので少々、想像が入ってます。

20111026_2.jpg

そいで、ばびーんと組んでみました! けど、あわわ、見せたかった排気管の屈曲部分が全然写真に写ってないわ。
しかたない、排気管の下に接着位置が白く見えてる牽引フックを後で作るから、それの写真を撮る時にもう一回写真を撮ろうじゃん。トロージャンと言えば、カプコンの「闘いの挽歌」に出てくるライバルキャラ。あと、T-28練習機の愛称がトロージャン。T-28練習機って、いかにもアメリカ機! いかにも練習機! って感じのスタイルで好きなんですけど、さすがに地味過ぎてキットが出ない。

いいんだ、トロージャンはどうだって。
排気管は、実際にはもっと緩やかなカーブを描いているんですが、それを忠実に再現しようとするとここだけでパーツが20個ぐらいになっちゃうんで、単純に90度の屈曲2回にしちゃいました。ベテランモデラーは、太めのワイヤーなどで置き換えるとモアベター。

20111026_3.jpg

排気管を支えている支持架の金属ベルトなんですが、構造の都合上どうしても一部が印刷面が接着面になっちゃって、表に紙の裏が出ちゃいました。写真ではピンボケ気味ですが、燃料給油口の向こう側に見える、グレーの排気管に巻きついた白い部分。
設計段階では、大して見えないだろうからまぁいいや、と思ってたんですが、うーん、けっこう見えますな。ここは裏表併せの2重構造では厚みが出すぎるし、ココだけ切り離して裏表逆転、ってのもパーツの細かさ的にも強度的にもギリギリ。仕方ない、ここは裏面車体色ベタ刷りの簡易両面印刷で逃げよう。

20111026_4.jpg

マフラーと排気管、それから吸気ダクトがついたことで大きな構造物はほぼ完成。あとは牽引フックとか、フェンダーの支えとかの小物。さぁもう一息で完成だ。気を抜かないように頑張ろう!
そいではまたー。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード