Tiger(P)、芯材を切り出す。

も~ぅ、とってもとっても暑いのよ~ 暑い上に、T-26の履帯は細かくて細かくて、さっぱり進んでないのよー。
いや、「暑い上に進んでいない」というよりも、「暑いが故に進んでいない」が正しいのか。
でも、あんまり「暑さが悪いのです」と言っていると、涼しくなってもあまり進まない時に気まずいので、「世の中にはまだまだ科学では解明できない制作停滞が残されているものだ」みたいな曖昧な表現にしておこうっと。

そんなわけで、T-26ちゃんが全然お見せできるような進展がないので、ここは代原のTiger(P)の方の報告を。

20110819_2.jpg

人によって、組み立て方のセオリーというのはあると思いますが、自分の場合はキットをバラバラにしたら最初にやることはこれ、芯材と厚紙の接着。ちなみに写真の上下で紙が弧を描いているのは、レンズと被写体の距離を考えずにテケトーに写真を撮ってるから。とほほん。
前回も書きましたけど、このキット、芯材がたったのA4で3枚。見ればわかる通り、一番右の1枚は砲塔で車体は2枚分。この図体でA4で2枚しか芯材がないってことは、芯材はホントに外郭だけで、間仕切りみたいな補強は一切なし。なんとも心細い~
でも、車内再現のキット作る時は、実車にある防火壁とかの他には間仕切りは当然ないわけで、そういう時はどうやって広い装甲板の平面を保てばいいのやら、別に内部再現キットを作る予定もないのに今から心配です。外側のテクスチャと車内側のテクスチャの間に、薄い透明プラバンを挟むという手も考えたんですが試したことないのでアイデア段階。

20110819_1.jpg

で、切り出してみたらこんな感じになりましたのよん。
下に敷いてあるのは紙ヤスリに見えますが、色画用紙。光量足りなくて荒っぽい画質になっちゃった。ちなみにパーツの上の実線は、さらに切り離す必要があります。
紙の厚みは手元にあったテケトーな厚紙2枚を張り合わせた上にペーパーを貼った、約1ミリ。この厚さだと、シャフトの通る穴を開けるのにけっこう難儀しました。
そうそう、このキット、芯材を組みあわせるのに寄木細工みたいな噛み合せが全くなくて、接着位置が点線で示されているところに紙のフチで接着するんですが、例えば写真中の「K11」は車体上面なんで、点線に合わせて車体上部側面を接着したら、ペーパー貼った面が内側になっちゃうけど、いいの?
第一よく見たら、この解像度でもわかるぐらいにパーツのフチから点線までの幅が左右で違ってるし……
仕方ないんで、ペーパーが外側にくるようにして、フチと面が面一になるように注意しながらパタパタと芯材を組み立てていきますよ、ってところで今日はこの辺で。
日が暮れたら涼しい風が出てきたんで、履帯進めるぞー
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

WAKにしてはずいぶんと省略激しいですね~。
作例は相変わらずの着色しちゃってるのにフェインダーの滑り止めが立体的になっているという素晴らしい感じなので今後が楽しみですね~。

Re: No title

ナオさん、今晩は! 返信遅くなり申し訳ございません。
同じ作者がデザインした、2号D型系とかスコダ35tとかに比べると、なんともアッサリした感じの構成ですね。なんだか、一部のディティールだけ、レイヤーを合成する時にミスったみたいに微妙にずれている部分などもあるので、Tiger(P)はツール等に不慣れな時期の「練習作」だったのかも知れないです。
それにしても、あの作例の滑り止めモールド付きフェンダーって、どうやって作ってるんでしょう……??
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード