FC2ブログ

一式中戦車、排気管の組み立て。

あわわ、ちょいと一休みのつもりで横になって、気がつきゃ深夜の二時までゴロ寝ですよ。スーダラですよ。

20110503_01.jpg

写真は以前に鳥かご型マフラーカバーの時にも使った写真なんですが、今回報告するのはその上のパーツ番号「65」と愉快な仲間たち。これを丸めてフチで接着し、イナズマ型に2回屈曲したパイプを作りますよーってことなんですが、これがなかなかうまくいきませんのよ。ちっちゃいパイプを丸めて作るのがけっこうしんどい上に、マリモデの紙って細く丸めようとコネ回してると内側が剥離しちゃうのねん。

20110503_02.jpg

そこで、テケトーな紙を内径にいい具合に丸めてガッチリ接着、それに巻き付けるカタチで作ってみると、これがなかなかいい感じ。なによりも、バラバラに作る各部分の太さをある程度揃えられるのでラクチンですね。

20110503_03.jpg

特に、パーツ番号「65」は、ノリシロが全くないので、こんな感じに余白ごと切り出して筒にして、エルボー形に接着してから余白を切り落とすことでカタチにしました。切るときは、中に入ってる仮の芯ごとぶった切ってしまえばいいんだからラクチン! と思ったんですが、まぁ、実際にはなかなかうまくはいかず、潰れちゃったのをピンセットで整えてます。

20110503_04.jpg

で、そうやって組み立てた排気管をマフラーに接着するとこんな感じに。それほど複雑な構造ではないんですが、なかなかいい雰囲気。ちなみに、実車の排気管は、このように先端まで丸いままズドーンとはなっていなくて、先端の潰れた「フィッシュテイル」っぽい感じらしいんですが、無理に再現しようとすると丸めるの失敗しちゃったみたいになりそうだったんで、これでOK! ということに。また、根元の「イナズマ形」の方は、実車ではただのパイプではなくて、90度カーブした扁平な箱から真っ直ぐなパイプが出ているような、複雑な形状をしているんですが、まぁいいってことよ。細かいことを言うなら、車体側面からフェンダー上にはみ出した部分を守る、円弧状の装甲板がフェンダー上に立つんですが、それもマリモデはあっさり省略。省略っていうか、もともとそれがない三式中戦車とちょっと混同してるのかも?
↑朝になってから資料を良く見たら、一式中戦車も排気管ガードの円弧状装甲板はないみたいです。ごめんね。

さて、ご挨拶が遅れましたが4月も多数のアクセスをいただき、ありがとうございました。4月より一身上の都合により更新ペースが半分ほどに落ちまして、それに伴いアクセス半減も覚悟していたのですがおかげさまで4月のアクセスも3月とほぼ同数の横ばいでした。ありがとうござます。
いよいよ5月にはこれまで引っ張りに引っ張った一式中戦車の製作が感動のフィナーレを迎える予定ですので、お時間に余裕のある方は、冷やかし気分で覗きに来ていただけると幸いです。
それでは、5月もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
おすすめショップ
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
製作進展中