一式中戦車、主砲基部の製作・2

ども~ 遅くなりましたが、一式中戦車の主砲基部の箱を組んだですよー。

ばびーん。
20110407_01.jpg

おお~。やたらと補強しただけあって、くっきりすっきりと気持ちのいいカタチになりましたよ。
何の説明もなく司令塔がついてますが、組み立て中の写真撮るの忘れちゃいましたよ。組み立て説明書では上の円形パーツは特に補強の指示はないのですが、それじゃ側面の傾斜部分の弧のパーツとの接着が難しすぎるので0.5ミリ厚紙で補強しました。実車ではここ、なだらかなお皿を伏せた形なんですが、マリモデのデザイナーはこれを大胆に斜めに面取りする形で再現。「再現度」という点ではいまいちかも知れませんが、なかなか雰囲気はGOOD。

20110407_02.jpg

車体に載せてみると、こんな感じ。おお、なかなか強そうだぞ。
部品取り付けを指示する白い部分もだいぶ減ってきましたな。

20110407_03.jpg

別アングルだとこう。でも履帯と主砲がないと、やっぱり「戦車」というよりはスクラップ置き場に置いてある「元戦車」といった感じ。そろそろ履帯も履かせなきゃねー。

ところで、1948年に映画会社の東宝で労働争議が起こり、それを制圧するために当時日本を占領していた米軍がシャーマン戦車まで投入したことがあって、「来なかったのは軍艦だけ」とまで言われたのですが、「東宝争議」で画像検索をかけると出てくる写真に写っているのはどうみてもシャーマンじゃないぞ。
どうも、あれは日本の警察が九七式戦車の砲塔を外し、障害物排除用のドーザーを装備した車輌だったらしいですな。へー、日本の警察が装甲車輌を保有してたことがあったのかー。いつごろまで装備されていて、その後はどうなったんだろう。ちょいと気になるのでした。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード