一式中戦車、後部フェンダーの製作。

いやー、ひな祭りですねー。
記事とは全然関係ないですけど。
まぁ、たまには季節感のあることを言ってみたかったんです。

それはそれとして、一式中戦車は履帯をつけると取り付け不能になりそうな後部フェンダーを組み立てております。

20110303_01.jpg

基本的には、裏と表を張り合わせるだけ。右の真ん中らへんにある「19bP」というのは、フェンダーが車体より後ろへ飛び出す部分のパーツです。もちろん、この「P」はポーランド語の「右」の頭文字の「P」。

20110303_02.jpg

で、試しに組んでみるとこう。「P」(右)が「L」(左)に変わってるのは、例の如く写真を撮る都合ですよ。
注意する点としては、裏表を貼り合わせてから曲げようとすると大失敗するんで、面倒でも段差になってるところは一面づつ、カーブしてる部分は最後に貼り合せるのが吉。ちなみに、内側のパーツは内周と外周の差が考慮されていないのか、カーブの方で端が1ミリ近く余ったので切り詰めてあります。

20110303_03.jpg

ひっくり返すとこんな感じ。今回は大失敗してないので、内側もそれほど無残なことにはなってませんな。
エルビス・プレスリーの袖みたいなヒラヒラは、実車ではフェンダーを車体に固定している金具なんですが、これが細くて、根元がヘナヘナになっちゃいました。正直、これ以上触ると千切れそうなのでそっとしておいてあげてください。
これで、後部フェンダーを取り付けて、あと上部転輪の小さい方とか取り付ければ、やっとこさっとこ履帯の長さあわせですよー。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード