GPM フランス軍装甲車 Panhard AML-20

ポーランドGPM社の300号記念キットはまだか、まだかとまるで初孫を待ちかねる爺様のように繰り返している当ブログだが、まだ300号は出ないようなので少し巻き戻って295号を紹介しよう。
本日紹介するのはGPMの通算295号、フランス軍装甲車 Panhard AML-20だ。

6089_1.jpg

なぜ、今さら295号まで番号が巻き戻るのかと言えば、筆者が現用兵器に疎くて何を説明していいのか、よくわからなかったからだ。ごめん。
仕方ないので分かる範囲で書くと、まずメーカー名の「Panhard」は「パンハード」ではなく、フランス語なので「パナール」となる(正確な発音は「パンアール」に近いらしい)。
パナールはもともと自動車メーカーで、第二次大戦前後には「パナール AMD178」という四輪装甲車を生産していた。AMD178は車体がリベット組み立て式など旧式な部分もあったが優秀な車輌で、接収したドイツ軍も再利用しており、一部は鉄道警備のために車輪を鉄道輪に換装している。
このAMD178が1960年代にはさすがに旧式化しており、つなぎとして使っていたイギリスのフェレット装甲車も武装が機銃一門でショボかったので、新たに開発されたのがこのAMLである。

なお、フランスの装甲車というと、元祖「大戦略」で山や浅瀬まで走行可能で、いつのまにか背後に回りこんでいてビックリするAMX-10RCを想像する読者も多いと思うが、あちらは6輪で105ミリ砲を備えた、より駆逐戦車に近い性質の重装甲車である。
AMXで思い出したが、AMX-30戦車のことを「ナポレオン」と呼ぶと歳がバレるので気をつけたい。ヤクトパンターを「ロンメル」と呼んだり三号突撃砲を「ハーケンクロイツ」と呼ぶのも危険だ。

では、さっそく公式ページの完成見本を見てみよう。

6089_2.jpg

AMLは砲塔に60ミリ迫撃砲を積んだAML60と90ミリ戦車砲を積んだAML90が主な生産型だが、今回リリースされたのは20ミリ機関砲を搭載したタイプで、アイルランド軍のみ使用しているタイプとなる。なんでそんな端っこの方からキット化するのだろうか。ポーランド人はフランス軍が嫌いなのだろうか。しかも国連軍の平和維持活動で使用中の白塗装。
コマゴマとした装備品まで作りこまれていることに、要注目だ。
でも、この半球型ハッチの部品分割は、正直、どうかと思うぞ。あと、フランス人って、なんでハッチを半球型にしたがるんですかね。メチャクチャペーパークラフトで再現しづらいんじゃよ。

6089_3.jpg

さらに、表紙写真で側面ハッチをチラリと開けて見せていることからも推測できる通り、今回は車内再現がされている。一見、それなりの大きさがあるように見えるAMLだが、車体前部が大胆に絞ってあり意外なほど窮屈なこともよくわかる写真だ。よくこの車体に90ミリ砲が載ったもんだと感心せざるをえない。
砲塔リング内側にギヤのテクスチャが貼ってあるのも、地味ながら質感を増す嬉しい気づかいだ。

6094_2.jpeg6094_1.jpg

GPMはキットのリリースにあわせ、レーザーによる立体彫刻済みの厚紙オプションパーツを販売するのが通例だが、今回はカタチがオモロかったので写真を引用してみた。
表紙写真では、側面の乗降ハッチや絞った車体前部などからSd.Kfz222などのドイツ軍四輪装甲車の影響をどことなく感じさせるが、こうして外郭だけになると全く独自の設計思想によりデザインされていることがわかる。

GPM社の、フランス製でアイルランド軍が国連平和維持軍で使用中、となんか妙に肩書きの長い装甲車Panhard AML-20は陸戦スケールの25分の1で全長20センチという小粒なキットだ。しかし、内部再現の写真でもわかるとおり、難易度は3段階評価の「3」(難しい)となっており、手ごたえは十分だろう。
定価も52ポーランドズロチ(約1700円)と、なかなかの設定となっている。また、立体彫刻済みの厚紙オプションパーツは31ズロチ(約1000円)となっている。

フランス陸軍といえば、イタリア陸軍以上に模型界では冷遇されている存在だが、カードモデルでもやはりアイテムに乏しい。
陸戦スケールのフランス戦車は以前にOrelがシャールB1戦車をリリースしたが、難易度「1」(易しい)の「イージーキット」だったので、それほどの出来ではなかったというウワサだ。また、現用フランス軍としてはFlyModelが以前にルクレルクをリリースしたことがあるらしいが、売っているのを見た覚えがない。
そんな、滅多に出ないフランス陸軍のAML-20。フランス陸軍ファンのみならず、アイルランド陸軍ファン、国連平和維持軍ファンのモデラーも、このキットは見逃すべきではないだろう。



画像はGPM社サイトからの引用。

*定価はあくまでも現地で購入する場合の値段です。日本国内で購入する場合には輸送費などを考慮し、2倍~3倍程度になるとお考えください。



スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード