T-26、車体後面の設計。

えー、突然ですが、誘導輪やら起動輪やら履帯やらフェンダーやらを放り出して車体後面の設計です。

展開013_300

なんでか、といいますと、全部バラバラに進めてるとサッパリ前に進んでいる気がしないので、まずは誘導輪基部をやっつけてしまおうと思ったら、誘導輪基部は車体後端の補強板に乗っていまして、補強板は車体後面に回りこんでいる(上の書きかけ展開図の角が斜めに白くなっている部分)ので車体後面を組み立てないと誘導輪がつけられない、という事にいまさらになって気づきましたよ。ぎゃふーん。
とは言っても、すでに基本図面は引いてあるので、構造に応じて紙の厚さ分を図面から削るだけなんですが、逆に言えば、その段階までやって、どうして完成させてないんだろう?? なにか理由があったような気もするし、なかったような気もするし……まぁ、なにか勘違いして作るの忘れてたんだろうな。
それから、T-26の後面には牽引用のチェーンを巻きつけるためのL字型に曲げた細い鉄板が数枚、下部についている車輌も多いんですが、ちょいと紙で再現するのは面倒な形だし、ついてない車輌もあるのでアッサリと省略。ちなみにこのL字の部品、1934年型はほとんどの車輌についているんですが、1933年型はほとんどつけてません。ふー、1年違いで助かったぜ。
そんなわけで、ここはサクサクと終わらせて誘導輪基部と誘導輪そのものの製作に早いとこ進みたいな、と頑張っております。
それではまたー。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード