イベント報告と、一式中戦車の前部フェンダー接着。

どーもどーもどーも。やっぱり、昨日はくたびれて寝てしまいました。オッサンだねー。

まずは、先日ワンダーフェスティバルにおいて、当方ブースで脚を止めて頂いた全てのお客様に、遅ればせながらも感謝申し上げます。どうもありがとうございました。
おかげさまで、カードモデルに対する熱意を新たにぷーっと吹き込まれ、より一層、設計、製作に精進していこう、と決意を新たにした次第です。

慣れない売り子を果たすのに無我夢中で、まぁ、例の如く写真は撮ってないというダメっぷりを華麗に披露しているわけですが、今回の参加での教訓として、CD-Rでのデータ版の準備もあれば良かったなぁ、とか、スキン代えで ドイツ軍が鹵獲再利用しているPz.Kpfw BT 742(r)バージョンがあってもいいんじゃない、とか、「おもしろそうだけど、大変そう」というお客様に体験版としてお渡しできるよう、48版をいくつか刷っていけば良かったとか、より簡単な構造の「イージー版」のキットをなにか一つ作ってみるのもいいカモ、みたいな着想を頂いて帰ってまいりました。

あと、今回もBTが数部出まして、これで累計がそこそこの数(と言っても知れたもんですが)となりましたので、これまでは自作キットということで「まぁ、大したもんでもないんですが」と腐して来ましたが、これ以上はお買い上げ頂いた方に失礼だろう、ということで手前味噌ながらも今後は褒めていく方針に変更しようかと思います。と、いうわけで35版のBTはいいよー。正直、MODELIKやGPMよりも合いがいい自信有りですよー。マジで。

さぁ、次はモデラー展示会に向けて、製作頑張りますよ。
とりあえず本日は、調子にのってる一式中戦車の製作進展を。
起動輪に先立ちまして、前部フェンダーをついに接着しました!

20110204_04.jpg

ピッタリバッチリよ! とは、いかなくて、少し長さが足りなくて車体側面張り出し部分の下にノリシロの白がちょっと見えちゃいました。写真でも上部転輪右上側に線が二重になっているのが見えているかと。まぁ、ひっくり返して「ここがずれてますよ!」と言わなければ見た人も気づかないからいいや。
起動輪基部が乗る白丸の接着指定箇所は、はみ出すとすごくカッコ悪そうだったので筆ペンで少し塗っておきました。

20110204_05.jpg

フェンダーをつけて、全体のフォルムを見てみるとこんな感じに。おおー。ボリュームが増して、強そうになったねー。ちなみにフェンダー上にポチっと見えている白丸は、ライト取り付け位置。

20110204_06.jpg

反対側から見ると、こんな感じ。
いいじゃない、いいじゃないー

20110204_07.jpg

で、これは前部フェンダーの上に乗る形になる起動輪基部を接着してみたところ。
ところが、迷彩パターンが前面と側面で食い違っているので、側面で色を合わせたら前面で迷彩色が違っちゃった。
海外のモデラーの作例を見ると、前面を優先して側面の整合性は放棄してることが多い(基部は起動輪をつけるとほとんど見えなくなる)ので、この後で強引にペリッと剥がして左右を入れ替えました。幸い、ダメージはほとんどなし。

20110204_08.jpg

そして、いよいよ起動輪もつけちゃうぞーと思って仮に置いてみたら、あら、フェンダーとの位置関係がギリギリだわさ。
うーん、これを接着しちゃうと、あとで履帯を履かせる時に大苦戦した上にフェンダーぶっ壊しちゃいそうだな。
と、いうわけで起動輪の接着はまた後のお楽しみとして、とりあえず履帯をチマチマと作ってしまうことに計画変更となりました。
そんな感じに進めておりまーす。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード