BT-5 1934年型、車体前部完成。

まぁ、そんなわけで前回えらい苦労をして履帯を仕上げたって話をしたわけですが、今回は方向性が変わって今までなんとなく放置してあった車体前部を突然仕上げました。

20090905_1.jpg

とは言っても、やったのはライトをつけて、牽引フックをつけて、ドライバー席周りのディティールをちょっと足した程度。これだけで雰囲気がけっこう変わった気がするのは多分チャームポイントの大型ライトが付いたからだと思われます。

20090905_2.jpg

近くで見るとこんな感じ。いまさらですが、操縦席ハッチ取っ手とか機銃とかの金属光沢の部分はもちろん紙ではなく、模型用の1ミリ真鍮線を使っています。レンズ部分は丸い紙を水で濡らしてから棒ヤスリの握りのお尻でグリグリと湾曲させたもの。微妙すぎて写真じゃあまり曲面に見えないですね。

20090905_3.jpg

さらにアップで。ライト本体はわしの苦手な紡錘形(釣鐘型)。わしはどうにもこれが苦手で、これがイヤでレシプロ機の製作を躊躇してしまうほど(一番目立つプロペラスピナーがたいていこの工作を必要とするんですよね)。今回は奇跡的にうまくいったけど、接着したらほとんど見えないや。
こうやってアップで見ると、若干ライトの光軸が上向きな気がしますが、これは敵の戦車兵の目を眩ますためだと強引に思い込む事にしました。

前回まで履帯作ってたのに今回突然車体前部なのはなぜかというと、実はあの後で履帯を巻きなおしたらどうにも長さが合わなかったんで作り直しになったんです。いや、あまり合ってないのは途中で気づいていたんですが、「まぁたるませればこれぐらいのズレは吸収できるだろう」と思っていたら、やっぱりダメでした。BTの履帯は一コマが大きい上に「歯」が一コマおきにつく関係で2コマ単位でしか長さの調整ができず、結局一コマの長さを2%長くして作り直すはめに……
そんなことをしていたら更新直前になってもまだ履帯をチマチマ作っていて、このままでは更新内容が前回と一緒だ! と気づいてあわてて見栄えのために別のところを仕上げたという次第。

履帯もバッチリの長さで準備し終わっているので、次こそ履帯を履いた姿を披露できるはず! 乞う御期待!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

車体前部完成おめでとうございます。

本体の造りの正確さは、私なんかには到底

及びつかない程のレベルですし、取っ手や

機銃やレンズのリアルさは本物みたい(本物

見たことはありませんが)です。履帯を履いた

姿も期待してます。

Re: No title

ありがとうございます!
だいぶ写真うつりの良さに助けられている部分もあり実際にはそれほどでもないのですが、これを励みにいよいよ履帯を装着したいと思います。
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード