WAK ソビエト陸軍自走砲 Su-57・後編

~続き~
昨日は、ちょっとハッチャけ過ぎて車輌の説明だけで終わってしまったので、今日はもう少しテンションを緩めていこう。あまりハッチャけると風邪がブリ返すし、父ちゃんが情けなくて涙出てしまう恐れもある。相変わらず、若い読者は置いてけぼりだ。

Su-57_1.jpg

WAKのデザイナーは、得意分野というか、好みのハッキリしている方が多い。たとえば特二式内火艇をデザインしたM. Rafalski氏は、他に九四式軽装甲車をデザインしているちょっとクレージーな日本軍車輌好き、といった具合だ。
今回、Su-57をデザインしたMariusz Kita氏は米軍補助車輌を得意としており、WAKでも他にM3ハーフトラックに四連対空機関砲を積んだいわゆる「ミートチョッパー」や、M5ハーフトラック、ダッジWC54などをデザインしている。また、MODELIKのM3A1ハーフトラックや水陸両用車DUKWもKita氏のデザインだというから、どんだけ米軍車輌(特にハーフトラック)が好きなんだ、という感じだ。ちなみに、MODELIKのマチルダ歩兵戦車もなぜかKita氏のデザイン。これだけ氏のラインナップの中で浮きまくっているぞ。

それでは、さっそくKita氏が愛してやまないM3ハーフトラックのバリエーション、Su-57の作例を見てみよう。

Su-57_2.jpg

おっ、今回は塗っていない。これなら、ディティールアップがどこにされているのかも良くわかる。
ボンネットが中途半端に開かれてエンジンがチラ見せになっているので、エンジンも再現されていることが読み取れる。残念ならがら、ひっくり返した写真がなかったのでシャーシの再現度は不明だが、ソフトスキン好きのKita氏がそこを省略するとは思えない。きっと、なかなかのクオリティなのだろう。

Su-57_3.jpg

車体前部をクローズアップ。今回の作例は塗っていないだけではなく、なぜかタッチアップも控えめ。6ポンド砲を水平にするために強引に切り欠いた正面風防や、照準器を隠すための防盾にポッコリ出っ張りがあるなど、本気なんだかヤッツケなんだか良くわからない車輌デザインにも注目だ。

Su-57_4.jpg

今回のキットは、ソフトスキンのお約束であるエンジン、シャーシに加え6ポンド砲の砲尾もこのように細かく再現されており、メカ、メカ、メカといった機械の魅力溢れる一品となっている。ボンヤリとしか見えないが、操縦席のディティールにも注目だ。

Su-57_5.jpg

テクスチャは汚しのないスッキリとしたタイプ。作例は、1945年、ポーランド第1軍装備車輌となっているが、米軍のT48として組み立てるためのテクスチャも用意されたコンパチキットとなっている。なお、通説では米英軍は実戦でT48を使用していない、とされているが、北アフリカのチュニジアで撮影された「ドイツ軍が鹵獲したT48に乗っている」というキャプションの写真も一部の資料には載っており、一概に「絶対に西部戦線ではT48は使われていない」と断言するのも早計なようだ。

Su-57_6.jpg

組み立て説明書はラインのタイプ。図版は大目のようだ。

WAK社の米軍車輌好きがデザインしたT48こと、ソビエト陸軍自走砲Su-57はスケールは陸戦標準の25分の1、難易度は5段階評価の「4」(難しい)となっている。タミヤのM3ハーフトラックを作った事のあるモデラーなら米軍のハーフトラックが意外なほど大柄なことはご存知だろう。
定価は35ポーランドズロチ(約1200円)となっており、25ズロチ(約800円)でWAKのM3ハーフトラック系列共用の履帯と車輪トレッドパターンのレーザーカット済みセットが発売されている。カタログには「Su-57用のフレームパーツも別売りしてるよ!」と書いてあるが、どこを探しても現物が存在しないので凄い勢いで売り切れてしまったのかもしれない。

なお、Su-57は実車がポーランド中央軍事博物館に現存しているが、オープントップ車輌なのに雨ざらし展示なので保存状態はあまり良くないという噂だ。
しかし、ここは一つ、あまり資料が無い事をいいことに細かい事は考えずに思い切り作るというのも一つの考え方だろう。
プラモデル界では、なんだかどうでもいい扱いを受けている米軍補助車輌好きなモデラーなら、この車輌もがっちり抑える(できれば、Su-57用とT48用に二冊買いたい)事で、Kita氏がさらにあらぬ方向へ突き進んでいくことを応援するべきだろう。


写真はWAK社サイトからの引用。

*定価はあくまでも現地で購入する場合の値段です。日本国内で購入する場合には輸送費などを考慮し、2倍~3倍程度になるとお考えください。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード