MODELIK ソビエト軍汎用車輌 GAZ-67B

なんだか、いまだ咳が止まらずに切り出したパーツが片っ端からぶっ飛んでいってしまうので、本日もポーランドMODELIK社の再版キットを紹介してみよう。なんか、咳だけの風邪は長引くらしいですよ、奥様。いやですわねー。
本日紹介するのは、初版は2002年にリリースされたソビエト軍汎用車輌 GAZ-67Bだ。

Gaz67 okladka II

これ、奥の兵士、絶対立ちションしてるよね! 
MODELIKの表紙といえば、なんだかションボリとしてる兵士が一人ぐらいいるのが定番だが、まさかの立ちションが表紙とは恐れいる。手前のボンネットに地図(たぶん)を広げている同志将軍も憤懣やる方なし、といった雰囲気だ。

GAZ-67Bといえば、「ソ連のジープ」と俗に言われるぐらい、レンドリースで借りた米軍のJEEPを丸パクリしたのが見え見えな感じの車輌だが、ちょっと待ってほしい。実は、GAZ-67の前にGAZ-64という良く似た車輌があるのだが、そちらの生産開始は1941年3月。独ソ開戦していないのでレンドリースでJEEPはソビエトに入っていない。そもそも、まだJEEPは原型車輌が増加試作中だ。つまり、四輪駆動でオフロードにも強いタフな軍用車をデザインすると、似たような形になっちゃうわけね。
ちなみに、GAZ-64の生産は42年の夏ごろにはなんとなく終わり、一年の空白期間を経て43年からGAZ-67の生産が始まっている。この間に、JEEPの設計の良い点が設計に取り入れられた事に関しては間違いないだろう。

では、さっそく完成写真を見てみよう。

Gaz67 Foto2

また塗られちゃった……
以前に展示会でお会いした、国内最大手カードモデル通販サイトである「紙模型.com」の店長、kami-naka氏に聞いた話だが、届けられたサンプルに色指定間違いなどのミスプリントがあることをメーカーに指摘すると「どうせ塗るんだからいいんじゃない?」と言われるそうだ。良くないよ! って言うか、日本人はあんまりカードモデル塗らないよ!

Gaz67 Foto1

まぁ、たしかにジープに似てるって言えば似てるんだけど、同じ四輪駆動車なんだからこんなもんじゃない? っていう気もしてくる。でも、縦グリルは意匠登録だからやめておいた方がいいだろう。
フロントのイメージは、JEEPよりもGAZの方がトラックの雰囲気を残しているようだ。

GAZ67 Ark1

テクスチャはいつものMODELIKスタンダードで、汚しのないすっきりしたタイプ。この画像ではオリーブドラブっぽい色合いだが、実際にはもっとグリーンがかっている、という証言もある。まぁどっちにしろ、塗るんだったら関係ないよね。わしは塗らないけどね。
なお、このキットは前回のJEEPとは異なり、1998年の手書き展開図のデジタルリライト版なので、合いはあまり良くないと思われる。
デザイナーは意外にも前回のJEEPをデザインしたWaldemar Rychard氏ではなく、読み方も良くわからないRyszard Maj氏。Maj氏は1995年ごろから2005年ごろまで活動されていたデザイナーで、MODELIKではイタリア戦車やイギリス戦車もデザインしている。

GAZ67 Rys1

説明書はラインタイプだが、ほとんどこれだけしかないらしい。これで組みあがるのかは不安になるが、エンジンはないモデルなので、それほど複雑な部分はないようだ。でも、公式ページでの難易度表示はJEEPと同じ5段階中の「4」(難しい)。これ、ほんとに実際の難しさ反映してるの?

MODELIKのソビエト軍汎用車輌 GAZ-67Bはスケールは25分の1で、全長は13.5センチとJEEPと同じ。内容がやや単純なので定価は18ポーランドズロチ(約600円)と、JEEPより少し安めの設定だ。なお、このキット用のレーザーカット済み厚紙は発売されないらしい。

GAZ-67Bといえば、「ロシアン・フィールドカー」の名前で発売されたタミヤのプラモデルキットが有名だが、あのキットはマキシム水冷重機関銃が付属してくるのが嬉しかったことを記憶しているモデラーも多いだろう。
そこで、先ほどの組み立て説明書をもう一度見てもらいたい。左端中央にちゃんとマキシム水冷重機関銃の組み立て説明が書かれているのがわかるだろうか。これは、MODELIKからの「GAZ-67Bと言えば、マキシム機関銃だよね!」というモデラー達へのメッセージと考えて良いだろう。でも、そういう嬉しい付録がついてくるんだったら、表紙の兵士は立ちションしてないで機関銃を引っ張って見せるべきだったと思う。



画像はMODELIK社サイトからの引用。


*定価はあくまでも現地で購入する場合の値段です。日本国内で購入する場合には輸送費などを考慮し、2倍~3倍程度になるとお考えください。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード