MODELIK ドイツ軍中戦車 PzKpfw III Ausf.M

マシンがぶっ飛びかけたが、幸いデータを全部引き上げられたのでご機嫌なのはいいのだが、数百ギガもあるデータを他のハードディスクにコピーするのは、それだけで一日がかりなのよ。
そんなわけで、作業を進めたりネタについて調べたりしてる時間がなかったので、説明不要なメジャーアイテムの紹介でお茶を濁したい。そんな勝手な理由で本日はポーランドMODELIK社の再版アイテム集の中からドイツ軍中戦車 PzKpfw III Ausf.Mを紹介する。

P.III okladkaII

いつも通りの「MODELIKタッチ」の表紙だが、この人の絵ってよく見ると直線がふにゃふにゃ波打ってるよね。これはうまい、へたの問題じゃなくて原画が小さすぎるんだろうなぁ。なお、キット番号でもわかる通り、このキットは2002年が初版である。

P.III Foto1

2002年といえば、デジタル展開図の黎明期。まだ極端に細かい部品もなく、テクスチャ表現で済まされている部分も多いが、完成写真はなかなかいい雰囲気だ。ただし、この作例は排気グリルのメッシュや各所のボルトなどがディティールアップされており、ストレート組みではない。

P.III Foto3

とはいえ、基本的な部分ではキットの雰囲気がよくわかる。M型の特徴である砲塔の三連発煙弾発射機も、紙だと薄さがリアルだ。でも、この発射機、中空っぽだね。
なお、この下に展開図の画像もアップしてあるが、それを見ると実際の車体色はもっとオレンジ色っぽいようだ。この淡い色も雰囲気がいいだけにちょっと残念。

PANZER III Ark1PANZER III Ark2

わしは2003年版の方のこのキットを持っているのだが、印刷の車体色はこの画像にかなり近い。なお、画像が縮小ミスったみたいになっているのは、公式ページのもとの画像がこうだからであり、わしのせいじゃない。
「2003年が初版」と言ったが、実はこのキットはMODELIKの前身、MODELCARD時代の90年代に手書き展開図でリリースされたもののデジタルリペイントである。MODELCARD版は、マジックで書いたような迷彩や、俯角を取りすぎて目の前50メートルぐらいの地面を撃ってるようにしか見えない表紙など、衝撃的なキットだったという。ただし、パーツ配置などが手書き版とデジタル版とでは異なるので、線を書き直しただけではなく、何らかの修正は入っているのかもしれない。

PzKpfw III Rys1

組み立て説明は、デジタルのラインタイプ。ただし、一部の判りづらいだろうな、という部分がブロックごとに書き出されているだけで、ステップを追っているわけではないのできちんと形状を把握してから始めないと完成はおぼつかない。

再販となったMODELIK社ドイツ軍中戦車 PzKpfw III Ausf.Mは25分の1で全長22センチ、定価は27ポーランドズロチ(約900円)だが、「昔、タミヤの中戦車ってこれぐらいの値段で売ってたよね」なんて言うと、若い人に「タミヤの戦車がそんな値段で買えるわけねーだろ」と言われてしまうので注意が必要だ。
難易度表示が5段階中の「4」(難しい)になっているのは、手書き時代の展開図がベースになっているからだろうか。

キットの車輌は、どうやらクルスク戦時の車輌のようだが、所属などはわからなかった。砲塔シュルツェンの車体番号が外枠だけを黒で書いているのが気になるが「そんな車輌実在するのかよ!」と大声で言ってしまって、実在するとバツが悪いので、ツッコミは「珍しいね」ぐらいにとどめておきたい。
それにしても、どうして三号戦車をキット化するのに、M型なんていう主力戦車の進歩に取り残された末期型を選ぶのかと思ったが、クルスク戦の車輌にしたかったのか、と考えれば納得できる。単にタミヤの三号戦車M/N型のプラモデルを参考にしたのでは? というもっともな意見はこのさい忘れよう。MODELIKはどうせなら短砲身砲搭載のN型も出してくれりゃ良かったのに。
なお、このキットの設計者は現在もMODELIKで内部を簡易再現したドイツ軍駆逐戦車PzIV/40(A)などを設計しているWaldemar Rychard氏。ここは一つ、Rychard氏のデザインした最近のキットと作り比べることで、ここ数年のカードモデルの進歩というものを体感してみるのもいいだろう。
あと、たった今気が付いたが、「Rychard」って、名前みたいな苗字ね。


画像はMODELIK社サイトからの引用。


*定価はあくまでも現地で購入する場合の値段です。日本国内で購入する場合には輸送費などを考慮し、2倍~3倍程度になるとお考えください。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード