お知らせと予告。

どもー。
昨日の記事に出てきた、1929年に無着陸連続飛行150時間を達成したフォッカーC-2A改造機「クエスチョン・マーク」号を調べてたら、機長が後に第二次大戦で日独に対する戦略爆撃を指揮したカール・スパーツだったりして、なかなかオモシロ話満載なもんでまとめようと思ったんですが、いろいろと読んでるだけで時間なくなっちゃいました。すんません。

とりあえず小ネタとして、機名の「クエスチョン・マーク」の由来は、「いったい何時間飛べるの?」という質問を何度も何度もされて、そのたびに「わかんね」と答えていたので、そのまま機名にしたそうな。機体側面にも大きく「?」と書き込む徹底ぶり。
29年の耐久飛行チャレンジは、「何時間飛ぶよ」という明確な達成目標はなくて、「空中給油をしながら機体がぶっ壊れるまで飛ぶ」というものだったようです。

ちなみにクエスチョン・マーク号の写真はここに高解像度のものがあります(アメリカ空軍の記録写真に直リンなんですけど、大丈夫だよね?)。
ただし、これはチャレンジ終了後に通常形式に戻された後に撮影された写真だそうで、飛行中の同機に比べると機体側面の「?」マークの書体と色が異なり、また主翼後方付け根の天井に開けられた空中給油用の切り欠きも塞がれているのがわかります。博物館に飾ってある機体と違って、生きている軍用機ってもはなんだか汚れが凄いですな。窓枠からなにかジョボジョボこぼれたみたいな跡もあるし。

あと、クエスチョン・マーク号の色は、何色だったんでしょうね? 調べても、ちょっとわかりませんでした。ズベズダが「サザン・クロス」のバリエーションで出してくれないかな。
そんなわけで、クエスチョン・マーク号と空中給油についてまとめたらアップしようと思います。
ただし、週末にかけて別件で締め切りが入ってしまったので、ちょいと更新頻度落ちるかもしれません。
それではまたー。



スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード