一式中戦車、サスペンションアーム組み立て開始。

うぃー。今日は更新遅めですー。
遅めの割には大した内容ないですー。

20101006_01.jpg

いきなり、「マーブルチョコって、何色から食べる派?」みたいな写真ですが、以前に作ったまんま、ずーっと後回しになっていた転輪のみなさんです。
だいたい、パーツも揃ってきたんですが、このキットでは組み立てるにあたり三色迷彩に合わせて転輪も三色に塗りわけられているので、組み立て中に変な勘違いをしないようにアーム、転輪を色ごとに分けて、車体の迷彩色に合わせて並べてみました。
あっ、そうだ、写真のキャプションを「三色同刻! 2翻!」にしておけば良かった。もったいないことをした。
一応やっておこうか。

ドーン!
20101006_01.jpg
「三色同刻! 2翻!」

ダメだ、後から言っても全然面白くないや。こういうネタは冒頭でやらないとダメだな。

それはそうと、こういう塗りわけって、実車ではどうしていたんだろう? 完成してからでは、塗装できないような狭いところや塗るのが面倒な場所とかもあると思うんですが、そういうところは無塗装のまんまなのかしらん。プラモデルでは「ブロックごとに塗りましょう」ってなっていますが、実車でも後から塗れない所は先に塗っておくのかな。それじゃ手間的なロスも大きいと思うけど。まさかペンキのプールにドブン、てわけじゃないだろうし。
そういえば「戦車の中は白く塗装されていた」というのは、メジャーな話ですが、じゃあ、実車は組み立てのどの段階で塗ったんだろう? 完成してから車内でスプレーガンを振り回すのでは、なんだかとっても失敗しそう、とかこの手のどうでもいいことに疑問は尽きないのでありました。

20101006_02.jpg

まぁそんな疑問は胸のうちに秘めてですね、いよいよサスペンションの組み立て開始ですよ。
とりあえず、アーム自体の軸と、そこにつく転輪の軸を接着しました。
でっかい六角ボルトは、説明書と90度貼り付ける角度が違っちゃって、「あ、しまった」と思ったんですが実車写真を見ると、みんな角度バラバラなんでこれでもいいや。

20101006_03.jpg

縦に見るとこんな感じ。転輪がつく軸はアームの両側に厚みのある円盤を貼っているだけですが、面倒なんで白フチで作ってしまいました。いいんだ、完成すれば、どうせ見えないもの。

そんなわけで、近いうちに一式中戦車にサスペンションがつくと思いますが、まぁ、テケトーな製作ペースなんで、のんびりと見守ってやってくださいな。

*速報!
今度、改めて紹介しますがポーランドWAK社から、特二式内火艇がリリースされました! カードモデルの特二式内火艇は、その昔マリモデが出したっきり(参考)で、リメイクも絶望的だっただけにこれは嬉しい驚き!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

特二!!

のとっちょさん、今晩は。
なんかこの前見て来た富士に有る九七式は錆錆でなんか良く分からなかったですが、転輪のゴム部分になんか刻印有りましたね・・・。漢字が入ってましたヨ。靖国神社の方はもっとましなんでしょうね~。

と、それはさて置き。ついにリメイクですか!ありがたや~。のとっちょさんの引っかけで陸軍の「浮沈特火点二型」とかじゃないかとか一瞬思って見たりして。(笑)サイトを確認し、おお~!と、なりましたね♪浮沈特火点とか恐らく何処もキット化してないからペパクラ化したら売れるんじゃ?とか思って見たりして・・・。マニアックすぎ?

特二は機関長殿が1/72でペパクラ化してるので欲しいな~と指をくわえて見ていた訳ですが、1/25で登場ですね。

Re: 特二!!

ナオさん、こんばんは。
浮沈特火点って、いきなり無茶ブリを……(笑)
ナオさんこそ、特二やLCMをラジコン化して池で上陸作戦を展開するというのはどうでしょう!(無茶ブリ返し)

それにしても、どうしてポーランドのメーカーはわざわざ特二式内火艇なんてキット化するんでしょうね? 単にクビンカに実車があるから取材しやすい、というだけなのか、それとも太平洋に対する欧州人の憧れなのか……WAKはいっそ、このままの勢いで”くろがね四起”とか出して欲しいですね! そんなのばっかり出してたら会社なくなっちゃうかも知れませんけど!
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード