BT-5 1934年型 48分の1の組み立て・履帯の組み立て。

さてさて、長々と続いてしまった48版BTの組み立ても、今回で最後となります。
最後に組み立てるのは、憂鬱な転輪の組み立てよりも、さらに憂鬱な履帯の組み立て。一番最後に、一番面倒なところがきちゃって申し訳ないですなー。

BT_5_0140.jpg

履帯はセクション26になります。まずはペーパーの26aを半分に折ってノリ付け。この時、あまり仕上がりが硬くなると困るので、自分は「でんぷんノリ」、いわゆる普通の「やまとノリ」を使っています。うすーくのびて、仕上がりもしなやか。

BT_5_0141.jpg

次にペーパーの26bと26cを厚紙で裏打ちします。26bと26cの差は、26bの方は、中心にセンターガイドを接着する場所が白く抜けているんですが、ほとんど見えないんで、複雑になるばっかりで意味なかったですね。
この段階で、写真のように横に細長く切って、上下のフチをタッチアップしておくと後でラクチンですよ。

BT_5_0142.jpg

次に、26bと26cを1コマづつ切り離します。この時は、写真のような平刃を使って押し切るとラク。企んでいることがあるので、写真のようにコマとコマを切り離したら、余白部分は片方に残してしまって大丈夫です。

BT_5_0143.jpg

次に、26bと26cを交互に26aに貼っていきます。余白部分はもちろんはみ出るように貼っていってください。

BT_5_0144.jpg

全部貼ったら、定規を当てて切れ味のいいナイフで余白部分をまとめて切れば、いちいち余白を切る手間が省けてラクチン。さらに、各コマの上下はさっきつながっている状態でタッチアップしたので、ベルト状になったところで左右のフチをまとめて塗ってしまえばタッチアップも完了。これに気付くまで、26bと26cのフチを一こまづつ塗っていて大変だったのじゃよー。

BT_5_0145.jpg

最後に、26dを26bの上に貼っていけば完成。ここはいい方法を思いつかなかったので、ヒトコマづつ切り離して、ヒトコマづつタッチアップして、ヒトコマづつ貼っていくしかないです。最後の最後でなんとも面倒で申し訳ない。

BT_5_0146.jpg

さぁ、いよいよ履帯を転輪に巻きつけるという最後の大仕事です。履帯の向きは、写真のように前から見て、下が7枚歯、上が6枚歯の組み合わせになりますが、このタイプの初期型履帯の向きがわかる写真は数が少なく、なんとか判別できた写真ではこの向きで履いていた、というだけです。この履帯、前後があるようには見えないので、逆でもいいのかも知れません。
履かせる時は、起動輪とフェンダーの間が非常に狭いので気をつけてください。一時的にフェンダーを持ち上げて強引に入れてしまうしかないと思います。また、ダブルになっている転輪の間にセンターガイドがなかなか入らない時は、ピンセットなどでこじ開けて強引に入れてしまってください。

BT_5_0147.jpg

巻きつけたら、履帯の両端の片面になっている部分を貼り合わせ、リング状にします。つなぎ目が曲線部に来ると、曲がり方が違ったりつなぎ目が見えたりするので、転輪の下に隠すといいでしょう。履帯のつなぎ目を転輪の下に隠すのはタミヤ時代からの伝統ですな。
そして、転輪に固定しますが、まずはそれぞれの転輪の下側を接着してしまうと作業がラクです。

BT_5_0148.jpg

履帯はかなり緩めになっているので、それぞれの転輪の間に少したるむカタチとなります。全体のバランスを見ながら、転輪の上に接着していってください。もう少しタイトな履帯も一回試したんですが、これ以上テンションを張ると、組み立てる時にちょっと履帯を動かしただけで引っ張られた誘導輪基部がぶっこわれるのでやめました。
誘導輪基部は、このキットの弱点で、履帯を巻いているとよく積層が剥がれてプラプラになってしまうので、そういう場合には思い切って剥がしてしまい、木工用ボンド等でガッチリと接着しなおしてしまった方が強度が増します。

BT_5_0149.jpg

履帯の固定が終わったら、砲塔を乗せて完成です。お疲れ様でした!
写真は上が試作版、下が公開版です。この通り、文庫本にちょうど2輌が乗る大きさ。

これで組み立ての説明は終わりとなりますが、次回、もう一度だけまとめとして一言書かせてくださいな。
その後は通常営業でいきたいと思っておるですよ。
それでは、またー。



*展開図はこちらからどうぞ。


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード