BT-5 1934年型 48分の1の組み立て・ルーバーカバーの組み立て。

どもー、今回はBT戦車初期型の特徴、車体後部につく大型ルーバーカバーを組み立てるですよー。

BT_5_0106.jpg

まずはセクション18をぶりぶりっと組み立てます。基礎になる18aは前後がありませんが、垂直に立つ18bは前後の差があるので4枚すべてが同じ向きとなるように気をつけてください。斜めになっている上辺の、背が高い方が前になります(写真は試作段階なので何も書いていませんが、展開図には「FRONT」で前方向が示されています)。

BT_5_0107.jpg

続いてセクション19へ。毎度のごとく写真はないけど19a、19bをセクション18で作った骨組みに接着し、写真のように19cの前後を丸めてだいたいのカタチを作ります。

BT_5_0108.jpg

そして19cを骨組みに貼りますが、この時、まずは左右の出っぱりがなくフチが一直線の方を、骨組みの背が高い方、つまり前方に貼ります。

BT_5_0109.jpgBT_5_0110.jpg

そのまま後ろまで貼っていくと、少しスキンがはみ出ますが、これで正常。右の写真はまたも心材に厚紙を裏返しに使っているのがカッコワルイ。

BT_5_0111.jpg

そして、組み立てたルーバーカバーを車体に接着します。後ろ側の飛び出した部分は、写真のように車体側に接着します。
実をいうと、この部分の構造は実車と異なっていて、実車はルーバーカバーは前後とも同じ高さで、それが乗る車体の後部がわずかに傾斜しています。再現は形状が複雑になるだけなので省略しました。テクスチャ表現になっている網目部分は、実車ではもちろん金網です。

本日、ちょっと更新が遅くなってしまってあまり進みませんでしたが、明日はいよいよ操縦席部分と前照灯を作って、車体完成ですよ。
ではまたー。



*展開図はこちらからどうぞ。


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード