BT-5 1934年型 48分の1の組み立て・チェーンカバーの作成と側面装甲板心材の組み立て

すんませんねー、今日は実家のある隣地区の夏祭りに顔を出していたんで更新遅めでおじゃりますよ。

BT_5_0055.jpg

気を取り直して、セクション9の駆動チェーンカバー作りますよ。
まず、最初に作成するのは9aの起動輪シャフト。写真は、なんだか中央部分がフニャフニャっと汚い仕上がりになってますが、ここは後で隠れちゃうんで気にしない気にしない。

BT_5_0056.jpg

挿してみるとこう。緑の細いガイドの線が、車体外側に合うようにセットします。とはいえ、この時点では接着してしまわない方が、後でいろいろ調整しやすくていいと思います。

BT_5_0057.jpgBT_5_0058.jpg

次に作るのは9b、9c、9dのチェーンカバー。BT戦車は路上では履帯を外して、車輪走行ができる設計になっており、車輪走行の場合には起動輪から、このカバー内のチェーンを通じて最終転輪に回転が伝えられ、最終転輪が駆動輪となります。ミッドシップエンジン+後輪駆動だぜ。登りに強そうだ。

BT_5_0059.jpgBT_5_0060.jpg

作成したチェーンカバーを車体に接着します。車体側、チェーンカバー側ともにガイドが印刷されていますが、それだけを頼りにせずに、全ての転輪の軸が一直線に並ぶ事に気をつけて接着してください。とは言っても、ちょっとぐらいずれていても後でけっこう強引に直せるので、曲がっていてもそれほど気にしなくて大丈夫です。
以上でセクション9はおしまい。

BT_5_0061.jpgBT_5_0062.jpg

ついでに、セクション10の車体側面走行板心材を組んでしまいましょう。BTの側面装甲は、本当は2重構造になっており、その間に長い長いスプリングが縦に入ってサスペンションとなります。このキットでは、簡略化して内側の装甲板が下の方しかありません。もちろん、7gの板も構造を補強するために模型の都合で入っている板で、実際には存在しません。こんなところに板があったら、サスペンションがぶつかっちまうもの。

いよいよ側面装甲もついて形ができてきたところで、次回は車体後部と下部のスキン、それだけじゃ間が持たないんで側面のスキンもやっつけちまいましょう。
それではまたー。



*展開図はこちらからどうぞ。


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード