ナイフの話-カッティングマットについて。

しつこく書いてきたナイフの話ですが、せっかくなんでナイフを使う際の必需品、カッティングマットについて、もう少し。
机の上でそのままナイフを使うと、机も傷つくし、なによりナイフの刃がすぐにダメになります。小さいころはいらない雑誌を下敷きにしたりしていましたが、これはすぐにボロボロになってしまうのが欠点。
そこで、カッティングマットの登場ですよ! カッティングマットは樹脂でコートされているため、小さい切り傷なら自然と塞がってしまうという、字で書くと魔法のような代物。
カッティングマットはホームセンターの事務用品売り場などで売っていますが、正直違いが良くわかりません。自分はライオン事務器さんのA4サイズ、定価600円の品を使ってますが使い勝手いいですよ。
カードモデル作る程度なら、A4以上の大きさはあまり必要ないのではないでしょうか。なお、方眼や目盛りは入っていた方が、紙を帯状に切るときなどに平行が得られやすくていいですね。
カッティングマット使用上の注意は、汚れに気をつけることです。この上で糊付け作業などをして、こぼれたボンドがついたまま作業をするとせっかくのパーツを汚してしまうこととなります。手の汚れなどもついてしまうのでコマメに洗い、あまり汚れがひどければ消耗品と割り切って買い換えてしまいましょう。

ところで、たった今この記事を書くまで自分が使っているカッティングマット、「LION」ってロゴが入ってるので「おはようからおやすみまでくらしに夢をひろげる」ライオン株式会社の製品だとばかり思っていました。「ライオンって、歯磨きばっかりじゃなくて事務用品も作ってるんだー」と感心して。アホですね。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私はホームセンターで一種類だけしか置いてなかった

OLFAのA4を使ってます。  オルファカッターのメーカーですね。

で、よく見ると染みや、汚れがありました。  以前UPした画像にも

写ってるじゃあーりませんか。確かプリンターのインクを補充したときの

こぼれたやつみたいで、今から洗ってみます。でも落ちないかも・・・

No title

OLFA製品はどれも品質が良くっていいですよね。
カッティングマットの汚れは、Gクリヤーがこぼれるのが要注意ですよ。Gクリヤーはかなり乾いても圧力をかけるとくっついてしまう事があるので、その上でシッカリ糊付けしようと重しを載せると、パーツ同士はもとよりカッティングマットまでしっかり圧着なんていうことも(笑)
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード