MODELIK ソビエト陸軍重戦車 T-100

以前に買ったまんまになっているキットを、「レビュー」と称して自慢するコーナーでーす。
えーと、今回のネタはわしが持ってる数少ないA3版キットの一つ、MODELIKのT-100です。
ずどーん。

Modelik-T100_1.jpg

むーん、なんだか写真が青っぽいぞー。
T-100は、ソビエト軍がKV戦車を制式化する前に試作した重戦車で、45ミリ砲と76.2ミリ砲を背負い式に装備した多砲塔戦車です。もう一種類、よく似た「SMK」という試作車輌と一緒に1939年、ソ連-フィンランド国境紛争に出撃したのはいいものの、なにも記録が残ってないので、多分なにもせずに帰ってきて、雪にハマって動けなくなったSMKと一緒に、「やっぱ多砲塔戦車って、大きすぎて不便じゃね?」という結論にいたり試作に終わった、というなんだかどうでもいい感じの車輌です。帰ってきたT-100は130ミリ海軍砲を搭載した超級自走砲Su-100Uに改造され、モスクワ前面でドイツ軍に対して投入されたような気もするんですが、やっぱり記録がはっきりしない。撃破されずにまた帰ってきたSu-100Uはクビンカ博物館で、その巨体で来館者を驚かすという重要な任務に今もついています。時々、これを「Su-100Y」と書いている資料がありますが、キリル文字の「Y」は「ユー」なので気をつけてくださいな。ちなみに全部キリルで書くと「СУ-100-Y」となります。

Modelik-T100_2.jpg

表紙の右上に飛んでいる飛行機は白地に青のハカリスティ(鍵十字)が見えるのでフィンランド軍機。T-100、みつかっちゃいました。まぁ、こんなにでかけりゃみつかるか。

Modelik-T100_5.jpg

どれぐらいでかいか、作りかけの一式中戦車とT-100の車体芯材を比べてみました。わーい、でっかいぞー
実車は全長8.5メートル、模型は完成すると全長35センチになります。でも、長さ1メートルの機関車や戦艦のキットに比べれば、なんとかなる大きさか。

Modelik-T100_3.jpg

テクスチャはデジタルで、テクスチャは汚しのないMODELIKスタンダード。写真は汚くなっちゃいましたけど、線はシャープで印刷にかすれはありません。ちょっとだけ、黒の線が細いかなー。
車体色のロシアングリーンは、CMYKの基本色のドット組み合わせではなく、特色のベタ印刷。MODELIKのキットは、大抵は基本色1色が特色のベタになります。
(後から気が付いたんですけど、ロシアングリーンは特色じゃなくて、シアン+イエローのベタかもしれないですね)

あと、線はデジタルなんですが、デザイナーの所に「画像デザイン(コンピューター)」という担当がいるので、もともとは手書きで書かれた展開図を出版時にデジタル化したのかもしれません。ちなみに、デジタル化担当のDmitri Hotkin氏は、以前にMODELIKのペトロパヴロフスク級戦艦でも名前が出てきた艦船メインのデザイナー。最近のキットに名前が出てこないけど、どうしたんだろう。

Modelik-T100_4.jpg

なんかゴチャゴチャしちゃって、見づらくて申し訳ないです。車内は運転席や砲尾などの一部が再現されています。
デザイナーのDmitri Procenko氏は、2007年にMODELIKからリリースされた異常に気合の入ったT-26もデザインしており、いつものMODELIKスタンダードより少し細かめな内容が特徴。難易度も5段階評価の4(難しい)になっています。

最後にメーカーページから持ってきた完成写真を。
どーん。

f200401.jpg

残念。画像はちょっと小さめ。
ネットでは他に完成写真が見つからず、プラモデルでもインジェクションでは発売されたことがないようなので、いつの日にか組みたててKVと並べてみたいとたくらんでおります。
それではまたー
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

T-100?

のとっちょさん今晩は。
多砲塔大好きッ子のである私としては是非ツッコミたい事が。
表紙の絵がT-100じゃなくてSMKですよコレ!!
転輪が明らかにコム転輪じゃないし主砲塔と車体後半の形状が違う・・。
(中身はちゃんとT-100なんですけどね・・・。)
表紙裏の上の方の小さな写真ですが、左がSMK右がT-100です。
どっちも似た様なもん何ですけどね。(笑)

で、キットは主砲を76.2㎜戦車砲D-11に換装した後期型?
資料が少ないので良く分かりません。

きっと作ったもん勝ちですよこれは!次回作に是非オススメです。
最近出た同社のT-35より作り易いハズ?

Re: T-100?

ナオさんこんばんは!

いやいやいや、いくら東欧のキットはホンワカしてる表紙が多いからって、まさかT-100の表紙にSMKを描くなんてことは……ホントにSMKだーっ!!
いやはや、びっくりしました。こんなおいしいネタを見逃してしまうなんて、不覚!
今日はちょっと時間が取れないので、明日じっくりとネタにさせていただきます。
ツッコミありがとうございました!

T-100に手をつける前に一式を仕上げないと、禁断の未完成機甲師団が編成される恐れが……(笑)
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード