マイナーアイテム列伝 ロシア帝国海軍ペトロパヴロフスク級戦艦・2

さーて、前回はやっと建造が終わったところまでしか話が進まなかったペトロパヴロフスク級戦艦、続きでーす。
1899年に完成したペトロパヴロフスク級戦艦「ペトロパヴロフスク」、「ポルタワ」、「セヴァストポリ」の三隻(同形艦はこの三隻のみ)はさっそくドンブラコドンブラコと遠洋航海を果たし、日本との緊張高まる極東戦域へ。3隻は旅順港へ入り、日本軍に睨みを利かせます。さらにロシア海軍は就航する新型戦艦を次々に回航し、最終的に旅順艦隊の主力は戦艦7隻に。対する日本軍は戦艦を6隻しか持っていないので、この時点で日本海軍早くも不利になってしまいました。ばびんちょ。

そして1904年、日露戦争が勃発。
日本軍は「いっそ、旅順の艦隊を外に出さなければ、戦わずして勝てるんじゃね?」とトンチを利かせ「旅順港閉塞作戦」が開始されます。これは旅順港から外海に出る細い水路に老朽船を沈め、旅順艦隊を閉じ込めてしまおうというもの。しかし、この作戦は旅順港の沿岸砲台により阻止され失敗に終わります。
旅順艦隊を率いていたステパン・マカロフ中将は戦意旺盛な「猛将」として知られていましたが、いたずらに艦隊決戦を挑む事なく、かと言って要塞内でチャプチャプと艦隊を錆付かせることもありませんでした。マカロフ中将は折りを見て旅順艦隊旗艦、「ペトロパヴロフスク」に乗って艦隊を率いて港外に打って出て日本軍を挑発すると共に、水兵の訓練と士気の維持を図っておりました。
ところが、一説にはこの「ちょっと港外に出る」時の航路がワンパターンであったため、日本軍にルートを読まれてしまいます。
1904年4月13日、日本軍が敷設した機雷に触れ戦艦ペトロパヴロフスクは爆沈。栄光のロシア最初の近代戦艦はこうして失われたのです。7年かけて作ったのに5年で沈んじゃった。ショボーン。

ペトロパヴロフスク爆沈と共にマカロフ中将が戦死すると、後任はヴィリゲリム・ヴィトゲフト少将となりましたが、こちらはうって変わって消極的な人物で旅順艦隊は要塞に守られた港から出てこなくなってしまいます。
しかし、その旅順要塞に日本陸軍の攻撃部隊が迫りつつありました。旅順要塞が簡単に陥落するとは思えませんが、要塞をめぐる戦いに巻き込まれて艦隊が損傷したりしては大変、と旅順艦隊は港からの脱出を決意します。
ところが、港から出た途端に待ち構えていた日本艦隊に捕捉された旅順艦隊は、ウラジオストックへ遁走しようとするも後ろから滅多打ちにされるうちに旗艦「ツェサレウィッチ」司令塔に日本艦隊の砲弾が直撃、舵手が舵輪を握ったまま横倒しとなって死亡したためにツェサレウィッチ<は大きな円を描いて後続艦隊に突っ込み、旅順艦隊は大混乱となります。
日本艦隊はこの機を逃さず、ワーワーと周りから襲い掛かりボコボコとロシア艦隊を殴り続けるも、ロシア艦隊は沈没艦を出すことなく旅順へと帰還してしまいました(戦艦ツェサレウィッチを含む数隻が中立港に逃げ込み武装解除、抑留されている)。この時代の装甲艦ってのはタフだね。
この「黄海海戦」の結果、艦隊に損傷も生じ脱出は困難と判断した旅順艦隊は水兵と武装を下ろし、艦隊としての活動はほぼ終了します。

あれー、これだけ書いてもまだ終わらないぞ。どうなってるんだ。
読み返してみたら、後半の黄海海戦のくだりはなくても「黄海海戦で損害を被って旅順に押し込められた」って書けばそれで用は足りるじゃないか。書いちゃったから消すのもったいないんで残すけど。
前にツェサレウィッチを紹介した時に手抜きしたのがまずかったなー。
そんなわけで、いつの間にか一生懸命黄海海戦の説明をしていましたが、次回はちゃんとペトロパヴロフスク級戦艦とそれのキットの話するつもりです。
ではまたー
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

タミヤからBT!

のとっちょ様今晩は。
パソコンやっと復活で、作業再開しました。
19世紀軍艦はあまり詳しく無く、旅順海戦辺りはセバストーポリ?が、武装外して旅順要塞の一部に・・・。って事やT字戦法が失敗したとか・・。そんな程度の知識です。

それはさておき、まさかのタミヤからBT戦車の発売です。本気か?と思ってしまいますが最近変なB級キットも手に入らなくなって来てるのであながち理にかなってるのか?と思ったりします。

Re: タミヤからBT!

ナオ様こんばんは!
パソコン復活おめでとうございます! 幸い、ダメージも最小のようでホッとしております。

19世紀末から20世紀の装甲艦は、日露戦争を除けばほとんど戦闘を経験していないために超マイナーなものが多く、自分も全くの手探り状態からカードモデルを見て「なんだ、これは!」というスタートだったのですが、最近はあの丸っこい形にかなりヤラレています(笑)

それにしてもタミヤさんは、こないだシャールB1でモデラーの度肝を抜いたと思ったら、今度はBTとは……この勢いでノイバウフォールツォイクも是非!(超無茶振り)
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード