マイナーアイテム列伝 ロシア帝国海軍アドミラル・ウシャコフ級海防戦艦・1

どもー。今回は、以前になんかの間違いでリリースされた感じのドマイナーアイテムを、思い出したように取り上げてみよう、という企画です。

で、今回のネタになるのがロシア帝国海軍、アドミラル・ウシャコフ級海防戦艦。
「海防戦艦」というのも、なんともよくわからん艦種ですな。この手の戦艦なの? 戦艦じゃないの? という微妙なカテゴリの艦としては、以前にロシア帝国装甲艦「ナヴァリーン」をOrel社の新作として紹介したことがありますが、アドミラル・ウシャコフ級海防戦艦も基本的には装甲艦「ナヴァリーン」と同じで、艦隊決戦求めてドンブラコッコ遠洋航海する艦ではなく敵の攻撃を重要水域で待ち構える「浮かぶ砲台」です。
両者の差は、ナヴァリーンが重装甲で排水量約1万トンあったのに対し、アドミラル・ウシャコフ級はその半分の約5千トン。主砲はナヴァリーンが30センチ砲連装砲塔1基であったのに対し、アドミラル・ウシャコフ級は25センチ連装砲塔2基(3番艦のみ連装1基、単装1基)となっております。ナヴァリーンの方が重装甲、大火力の「タフ・ファイター」な感じですな。
ただ、ナヴァリーンは基本設計が古く、主砲も旧式であったのに対し、アドミラル・ウシャコフ級の方がちょっと設計が新しい。

本来なら、ナヴァリーンと3隻建造されたアドミラル・ウシャコフ級は「各下」のスウェーデン艦隊に睨みを利かせてバルト海にプカプカ浮かんでいたはずが、日露戦争緒戦で旅順艦隊が潰滅したために太平洋へ派遣されることに。
そんな遠路はるばる遠征するような艦じゃないのに「少しでもたくさん艦がいた方がいいだろう」と後から思いつきで派遣されたこれらの艦艇と合流するために、先に出発していた俊足の新鋭戦艦隊は洋上で待機することとなり、かえって日本軍艦隊に訓練、休息の時間を与えたと同時に、洋上ですることもなく後続を待っていた戦艦乗組員達の健康、士気に悪影響を与えたと言われています。
「アドミラル・ウシャコフ」、「アドミラル・セニャーウィン」、「ゲネラル・アドミラル・グラーフ・アプラークシン」の3隻が建造されたアドミラル・ウシャコフ級は3隻全てが日本海へと向かいましたが、肝心の日本海海戦では両軍の新鋭戦艦同士が殴りあう最も重要な最初の30分の間、後ろの方にいてなにもしてません。ショボーン。さらに日本軍装甲巡洋艦隊につかまって「アドミラール・ウシャコフ」が大破。日没により一時海戦は中断となったものの、夜のうちに「アドミラール・ウシャコフ」は脱落し沈没。さらに生き残った艦艇、すなわち最初の決戦に参加できなかった旧式艦やウシャーコフ級のような小型艦、それから上部建造物が廃墟となった戦艦オリョールなどがトボトボとウラジオストックへ向けて航行している所に元気一杯の日本艦隊が再び登場。これ以上の戦いは無意味であるとしてバルチック艦隊は降伏し、「アドミラール・セニャーウィン」、「ゲネラール・アドミラール・グラーフ・アプラークシン」は日本軍に引き渡されました。
「アドミラール・セニャーウィン」は日本軍の二等海防艦「見島」に、「ゲネラール・アドミラール・グラーフ・アプラークシン」は二等海防艦「沖島」となり、「見島」は砕氷艦になったり潜水艇母艇となったりして1936年、廃艦となり標的として使用され沈没。「沖島」は1922年に除籍となり、日本海海戦記念館にするために民間に払い下げるも荒天により座礁、1939年にその場で解体されました。

と、いうわけでこのパッとしないロシア帝国海軍、アドミラル・ウシャコフ級海防戦艦。こんなもん、誰もキット化しないだろうと思ったら、ちゃんとリリースされてるんですなこれが。しかも複数。
今日はいい気になって書きすぎちゃったんで、次回それらのキットの話をするですよー。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わはーー マイナー列伝始めちゃいますかw

自分もキット制作で資料を漁っているうちにロシア帝国時代の前弩級戦艦が予想以上に
面白(&ションボリ)ネタ満載だったので、制作ログの公開用にブログ作ってみました。衝動的に。まだホチキス外してないのに。

プラモはそこそこ経験あるんですがカードモデルは未経験なので、ツッコミやらアドバイスがあればよろしくお願いします。

でわでわ、のとっちょさんがアレをどう切り取るのか楽しみにしています。

Re: No title

どうも今晩は! 勢いにまかせてはじめてみました(笑)
資料を集めながらの行き当たりばったりなので、ツッコミの浅い部分もあるかと思いますが、お手柔らかにお願いします。

そして、ブログ開設おめでとうございます&リンクありがとうございます!
当方からも、角材のヒト様の【週刊】戦艦ポチョムキンを作る【紙模型】にリンクをさせていただいてもよろしいでしょうか?
自分は艦船模型はまだ手をつけたことがないので、一緒に勉強させていただこうと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします!

No title

こちらこそよろしくお願いします。
リンクに関しては問題無いです。こちらは無断でやっちゃってましたから(汗

制作前にあれこれとツールを開発してて、微細ポンチとかモンキーラッタルの治具とか
汎用性のあるのが出来そうなので、追々公開していこうかなと思ってます。

何にせよ初めてのジャンル(船)と新しい素材(紙)なので、しばらくは周辺ネタが続くかも知れませんw

Re: No title

さっそく、リンク追加と紹介をさせていただきました!
今後ともよろしくお願いいたします!
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード