一式中戦車、前部牽引シャックルの製作・3

えー、2度に渡って失敗した一式中戦車のシャックル、一応完成しました。
前回エントリのコメント欄で、紙模型静岡工場を運営されているナオ様より、


①カットした手芸用(造花用)ワイヤーの端部をハンマーで潰す。
②平たくなった所にピンバイスで穴開け。整形。
③丸棒で形を作る。
④ポンチで抜いた紙を②の部分に貼って厚み出し。
⑤取り付けはピンを通す。
⑥気が済むまで①~⑤を繰り返す。


という方法を教えていただいたのに、申し訳なくも結果的には違う方法で作ってしまいました。これはにはいくつか理由がありますが、まず第一に、受け取った情報だけで満足せず、自分で新しい方法を考えてみたい、そんな不遜な考えがあったのではないか、これは否定できないだろう。そして第二に、工具箱を引っくり返してから、プラモデルやめる時に友人にピンバイスドリルのセットあげちゃったことを思い出したよ、トホホ、という理由です。どうもすみませんでした。

さてさて、言い訳はこれぐらいにして、人の言う事聞かずに頑張った結果を。
まず、そもそもアルミワイヤーが軟らかすぎてラジオペンチで挟むだけでボロボロになってしまうという問題。これなんか、それこそ造花用ワイヤー(紙が巻いてあるやつ)を手に入れれば一発で解決な気もするんですが、造花ワイヤーが手に入らなかったアホがアルミワイヤーで頑張るってんで解決策を考えてみました。

20100309_06.jpg

ジャーン。
なんのことはない、ビニールテープ巻いただけです。
馬鹿馬鹿しいですけど、これだけでワイヤーがキズつくのをかなり防げます。ゴムパイプを被せてもいいかも知れません。
で、このテープ巻いたラジオペンチでアルミワイヤーをコネコネするですよ。

20100309_01.jpg

まず、適度な長さで2箇所きついループを作ります。

20100309_02.jpg

余分を切り離して、少し整形。

20100309_03.jpg

両端を少し折ってから、全体を丸棒に巻きつけて丸めます。

20100309_04.jpg

はい、こんな感じ。実物はオタフクというよりもっと丸に近いとか、テープ巻いてもやっぱり傷ついてるとか、いろいろ苦情はございましょうがとりあえず車体につけてみます。つけると言っても、基部を挟んで強く締めるだけですが。

20100309_05.jpg

ピントが車体に合ってて肝心のシャックルがボケてて申し訳ないです。
うーん、まぁギリギリ許容範囲かな。ちなみに表面のキズはヤスリで少し削って目立たなくしました。
もう少し練習すればもっと実物に近づく気もするんですが、これ以上執着していると当ブログのタイトルを「一式中戦車の牽引シャックル始めました」に変えざるを得ないのでこの辺で妥協しちゃいましょう。
後は同じことをもう2回やって、後部牽引シャックルも作ります。
それではまたー。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード