一式中戦車、前部牽引シャックルの製作・2

えー、前回、なんともダメダメな仕上がりで全国一千万カードモデルファン(当社調べ)をがっかりさせた牽引する時に使う金具ですが、わしはアレを前回まで「牽引フック」なんて書いてましたが、よくよく考えたら、あれは「フック」じゃなくて「シャックル」ですね、がっはっは。恥ずかしいけど、反省のために前回のエントリ名はそのままにしておきます。
今回、一式中戦車に取り付けるような丸い形のシャックルは「福シャックル」とか「福形シャックル」、時には「オタフクシャックル」とも言うようです。ふっくらした形からの連想でしょうね。

さてさて、で、そのシャックルを作るわけですが、前回完全に失敗したんで今度は治具を作って再挑戦ですよ。

20100304_05.jpg

直径3ミリの円をポンチでポンチッと打ち抜き、それと厚さ1ミリの厚紙を小さく切ったものを鍵穴形にガッチリ糊付け、これをガイドにシャックル再挑戦ですよ。

20100304_04.jpg

まず、3ミリのプラ丸棒に1ミリアルミ線を巻きつけて、丸い部分を整形。

20100304_06.jpg

次に、それを治具にぐりぐりと巻きつけて整形するわけですが、早くもペンチで挟んだ傷で表面がボロボロになりつつありますな。

20100304_07.jpg

で、いらない所を切り離して、

20100304_08.jpg

基部に取り付けてみましたよ!

うーん、ダメじゃないんだけど、あんまり良くもないなぁ。
まず、構造がぜんぜん違う。本当はこういうお多福形のリングじゃなくて、Ω形の両端がそれぞれリングになっていて横から別の棒を挿して固定してある構造なのを単純化したのがなんとも手抜きっぽくてイマイチ。
それから、写真ではあんまり見えませんけど、ペンチで挟んで引っ張ったり曲げたり時の傷で表面がけっこうボロボロ。アルミ線は軟らかいので加工しやすい反面、簡単に傷ついてしまいますな。
ちなみに、何個か作っていいのを使おうと思って繰り返し同じ物を作っていたら、3個ぐらい作ったところで治具がぶっこわれました。ぎゃふん。やっぱり厚紙じゃ強度が全然足りないか~
さて、どうしたものか。これで妥協しようか、それともまだ頑張ってみようか。
と、いうところで今日はここまでです。続きはまた今度にー

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

のとっちょ様こんばんわ。
随分と苦戦しておられる様ですね。
参考になるか分かりませんが、私の作り方紹介します。

①長さカットした手芸用ワイヤーの端部をハンマーで潰す。
②平たくなった所にピンバイスで穴開け。整形。
③丸棒で形を作る。(この辺はてきと~に)
④ポンチで抜いた紙を②の部分に貼って厚み出し。
⑤取り付けはピンを通す。
⑥後は気持ちの問題。気が済むまで①~⑤を繰り返す。

造花用のワイヤーは紙が巻いてあるので後で色を塗るのが楽です。鋼?なましてあるのかわりと柔らかいので加工も結構楽です。一式の場合オタフク型と言うよりも丸型に近いので指示通りに作ると何だか違和感ありますね。

Re: No title

ナオ様、今晩は!
おおっ! 助言ありがとうございます!
「ワイヤーの両端を叩き潰して平らにする」というのは、全く思いつきませんでした。自分の発想が硬直化している事を知らされた思いです。
造花用ワイヤーも、是非調達してみたいと思います。
ありがとうございました!
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード