GPM ポーランド軍自走対戦車砲「TKS-D」

2月に入り、ポーランドの老舗カードモデルメーカーから2010年新製品のリリース情報が次々に飛び込んできた。
今回はその中から、GPM社の新製品をピックアップする。
GPMは昨年末に三号突撃砲、ボフォース40ミリ対空機関砲とメジャーアイテムを次々にリリース、メジャーアイテムにも意欲的なところを我々に見せてくれた。では、2010年はGPMはどのような方向性を狙っているのか、その鍵となりそうな2010年度第1号のアイテムを早速見てみよう。

TKS-D_1.jpg


……
…………ナニ、これ?

たぶん、名前と足回りから推測するに、TKSに対戦車砲を積んだんだと思うけどよくワカンネ。
「アドバンスド大戦略」に登場しない兵器は調べるのが大変なのよ。
一応、ネットで調べたところポーランド軍自走対戦車砲「TKS-D」は非力な小型戦車TKSに対戦車能力を持たせるために1937年に2輌が試作された車輌でボフォース37ミリ砲を搭載していたらしいよ。
1939年のドイツ侵攻に参加したかは不明。

TKS-D_2.jpg

このアングルで見ると、ソビエトの空挺戦車みたいでなかなかまとまりがいい。
しかし、試作に終わったところをみると、いろいろと不具合も多かったのだろう。

TKS-D_3.jpg

ところで、車体左後部に椅子があるが、ここに座ってる人って役割はなんなんだろう?
たぶん、砲の左が操縦士、右が砲手だと思うんだけど、そうするともう一人は装填手かなぁ。でも、車体真ん中にエンジンが入ってて、弾薬箱はその向こう側、車体の右後部に並べてあるように見えるんだよね。でも装填手がいなかったら、砲手が腰をひねって弾薬箱を取らないといけないし。
それとも自走対戦車砲なんて結局は「牽引車がいらない対戦車砲」ぐらいのもので走行しながらの戦闘なんてできないから、戦闘に入るときは装填手はエンジンをまたいでヨイショと砲手の後ろへ行くんだろうか。
あと、車内に椅子は3つあるのに乗員用のライフルは2丁しかないのも気になる。車輌を捨てるとき、残る一人はどうすりゃいいんだ。
ちなみに英語の資料では47ミリ砲を搭載した「TKD」という自走対戦車砲と混同されていることもあるので注意が必要だ。そっちは試作4輌だってよ。TKDもGPMがキット化するかもしれないけどさ。

そんなわけであまりにも資料がない車輌なんで説明も投げやりな感じのポーランド軍自走対戦車砲「TKS-D」、スケールは25分の1、定価は30ポーランドズロチ(約1000円)と豆戦車としてはやや高めだが、これはオープントップであるために車内も作られているからだろう。今ならGPMのショップで27ズロチ(約900円)で購入できる。良く知らないし詳細も良くわからないTKS-Dだが、そんな車輌こそカードモデルで組み立て、じっくりとその形状を観察するべきではないだろうか。

そういえばあんまり関係ないんですけど、ポーランド戦で「ロマン・オルリック」というポーランド軍見習い士官が「豆戦車TKSの20ミリ機関砲搭載型でドイツ戦車13輌を撃破した」という話が弱小陸軍関係の話で時々出てきますが、カードモデルのフォーラムで知り合ったポーランド人に「ロマン・オルリックって、ポーランドでも有名なの?」って聞いたら、「あまり知られてない」と言いつつもミリタリー系のフォーラムで情報集めてきてくれました。それによると、ロマン・オルリックは戦争を生き延び、戦後は建築家となり1982年に死亡したそうです。情報ソースが不明なので確実な話かはわかりませんが、そういう話をポーランド人から聞いたよ、ということで。

写真はGPM社サイトからの引用。

*定価はあくまでも現地で購入する場合の値段です。日本国内で購入する場合には輸送費などを考慮し、2倍~3倍程度になるとお考えください。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

GPM社の1:35のTKS-D
て日本では何処で手に入りますか?

RPM社の1:35のTKD
も日本では何処で手に入りますか?

何卒宜しくお願い申しあげます。

Re: タイトルなし

激愛さん、はじめまして。

GPMのTKS-Dは、日本でのカードモデル通販の定番、「紙模型.com」さん、
http://www.kami-mokei.com/
で、現在取り扱っておられるようです。スケールは25分の1となります。

RPMのキットに関しましては、当方では特に情報を持ち合わせておりません。
もうしわけございません。
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード