FC2ブログ

ナイフの話3

ちまちまと書いてきたナイフに関する覚え書き、3回目にしてようやく肝心の刃の登場。
紙を直線に切る分には正直、切れる刃だったらなんでもいいと思います。それこそ刃を折るタイプのカッターナイフでも。
しかし、問題は細かい曲線を切るとき。やってみればわかりますが、細かい場所を切る時は「切る」というのはほとんど無理で、刃先で、つつくようにして細かい点線の集まりとして切ることとなります。こうなると、できるだけ尖った刃先が欲しくなる。
ところが、先が尖っていると、使っているうちにすぐに欠けてなくなっちゃうんですよね、一番尖った部分が。(危険な気もしますが、とりあえずそれで怪我をしたことはないです。でも、厳密なことを言うなら防護メガネをかけて作業するべき)
重要な先端がなくなってしまうと刃の交換なので、尖った刃は基本的にお値段高めなこともあって、どうしても消耗品である刃先にかけるコストが高くなってしまう。

そんなわけで自分の場合は2本ナイフ軸があったので、普段は25枚300円(1枚12円)の刃先32.8度刃を使い、細かい場所だけ5枚350円(1枚70円)の刃先23度の刃を使っています。
実は、この上にカミソリで有名なフェザー安全剃刀株式会社超薄刃精密ナイフというのがあって、これは刃先1枚170円とさらに本格的お値段。しかし、薄い刃先と独特の刃先形状は魅力的なのでそのうち1本試してみたいと思っています。

そうそう、あと刃先は直線刃と曲線刃がありますけど、これも好みが出るようで海外のフォーラムでも意見がわかれていました。
自分は、短い直線を刃を押し付けて押し切る使い方をするので、直線刃を使っています。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
おすすめショップ
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード