FC2ブログ

GPM Bf109E-4&Ju87R-2

いまやポーランドのみならず、世界のカードモデル界の牽引役となったポーランドGPM社からの春の新作を紹介。
昨年、まさかのBf109B型、C型、D型をリリースしたGPMから今度は大戦初期のドイツ空軍の定番、メッサーシュミットBf109-E4がドイツアフリカ軍団の熱帯仕様で登場だ。
5126_3.jpg
あれ? 以前にもGPMって、Bf109Eの熱帯型を出してなかったっけ? と思って確認してみたら、ずっとずっと昔(現在、280以上出ているキットの通し番号が「7」だったころ)に一度出版していたが、まぁ、昔のカードモデルって、ほら、なんか画用紙みたいな紙にぐにゃぐにゃっと手書きの展開図が書いてあって、ちょっとあれだから、古いキットの方はあっさりと忘れよう。
Bf109E-4といえばHalinski社の素晴らしいキットが思い出されるが、あちらはヨーロッパ戦線の黄色ノーズだったので、是非今回の北アフリカ仕様と作り比べてみたい。
GPM社からは同時に北アフリカ戦線仕様のJu87スツーカR-2も発売となる。
5128_2.jpg
R型はこれまでカードモデルがなかったので、アドバンスド大戦略で燃料切れでボトボト墜落するBf109を尻目に長大な航続距離を誇るJu87-R形で長距離攻撃をしかけ、よりにもよってホワールウィンドみたいなどうでもいい敵機にボコられてションボリしていたプレイヤーには待ちかねた一品と言えるだろう。
どちらも、写真からの情報ではいつものGPMらしい、キッチリとした仕上がりが期待できそうだ。
定価はそれぞれ1機30ポーランドズロチ(約千円)という定番の価格設定。さらに9ズロチ(300円弱)の追加でレーザーカット加工された厚紙隔壁付きセットも発売となる。
写真はGPM社サイトからの引用。

*定価はあくまでも現地で購入する場合の値段です。日本国内で購入する場合には輸送費などを考慮し、2倍~3倍程度になるとお考えください。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
おすすめショップ
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード